ここから本文です

2戦連続先発のインテル長友、伊メディアから一定の評価 5失点崩壊の守備陣では「悪くなかった」

4/23(日) 7:08配信

Football ZONE web

フィオレンティーナに4-5で敗れるもDF陣では最高評価 「全くデメリットを残さなかった」

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間22日の敵地フィオレンティーナ戦で2試合連続のスタメン出場を果たした。しかし、インテルは守備が大崩壊して4-5と敗戦。長友は2-4の後半27分で途中交代したが、試合後に採点を公開したイタリアメディアからは、総じて「守備陣のなかでは、まだマシ」という評価を手にしている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 10試合ぶりのスタメン出場だった前節の“ミラノダービー”ACミラン戦に続き、長友は2試合連続でスタメンの左サイドバックに名を連ねた。全体にフィオレンティーナがインテルの右サイドからの攻撃が多く、長友がボールに絡む場面は多くなかったが、試合は激しく動いた。

 長友は後半6分に逆サイドからのクロスを中央に絞ったところで中途半端なヘディングのクリアをしてしまい、それが相手のPK奪取につながったものの、これをGKサミル・ハンダノビッチがストップして直接的に失点に絡むことは免れた。逆に、右サイドと中央が崩壊したことから、相対的に長友の評価は低くないものになった。

 インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」は、長友に「5点」を与えたものの、最終ラインではダニーロ・ダンブロージオと並んで最高。「守備陣のなかでは悪くなかった選手の一人。全く整備されていない夜になったなかで、彼のチームメートと比較すればミスは少なかった」とされた。

「求心力が皆無」とピオリ監督を一刀両断

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は「6点」を与え、最終ラインで単独の最高評価とした。「アンサルディの負傷による解決策だが、日本人サイドバックは全くデメリットを残さなかった。彼がピッチにいる間、テージョは全く存在感がなかった」として、対面の選手を封じ込めたことを評価した。

 サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は「5点」としたが、これも最終ラインでは単独で最高の評価。「インテルの崩壊した守備のなかで、最も責任がない選手」とされている。

 また、同メディアはインテルのステファノ・ピオリ監督に「3点」という衝撃的な点数を与え、「チームに対する求心力が皆無。誰もが好き勝手にやった。選手に全くモチベーションがなく、後半はチームがピッチにいなかった」という大酷評となった。

 この日はリーグ4位と5位が得るUEFAヨーロッパリーグ出場権を争うアタランタが勝利して勝ち点を63に伸ばし、暫定4位に浮上。インテルは同56にとどまり、今節のゲームを未消化の暫定5位ラツィオから勝ち点5差とかなり厳しい状況になった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/23(日) 7:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新