ここから本文です

レアル一筋の“苦労人CB”にチャンス到来! 主力2人の負傷で念願のクラシコデビューへ

4/23(日) 14:42配信

Football ZONE web

生え抜きのCBナチョ 4番手扱いもヴァラン、ペペの離脱で先発浮上

 レアル・マドリードとバルセロナの「エル・クラシコ」は、現地時間23日に熱戦の火ぶたが切って落とされる。リーガ・エスパニョーラ優勝争いを占うビッグマッチとなるなかで、レアルの“苦労人センターバック”が念願のデビューを果たすと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 レアルと言えば、クラシコでも揃い踏みが期待されるウェールズ代表FWギャレス・ベイル、フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの「BBCトリオ」を筆頭に、他ポジションにも各国代表のエースクラスが並んでおりレギュラーをつかむのも一苦労だが、そのなかでクラシコデビューを果たすのがDFナチョだ。

 レアルの下部組織一筋で育ったナチョは、2011-12シーズンにトップデビューを飾って以降、地道に試合出場を重ねてきた。しかし選手層が厚いのはセンターバックも同じで、主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスやポルトガル代表DFペペ、フランス代表DFラファエル・ヴァランの壁の前に4番手扱いが続いていた。

CL決勝など大一番での出番は皆無

 しかし現在のレアルはヴァランの負傷に続き、ペペも肋骨骨折の重傷を負い2人の主力センターバックが戦線離脱。結果的にナチョに出番が巡ってきた。在籍5シーズンのなかでレアルは二度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験したが、ナチョはどちらもベンチで喜びの瞬間を迎えており、大一番での出番はほぼ皆無だ。

 バルサはFWネイマールこそ出場停止で欠くものの、今季もゴールを量産するFWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスが先発でピッチに立つことが予想される。27歳のナチョが迎える初クラシコは、どのような結末を迎えるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/23(日) 14:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新