ここから本文です

【高円宮杯】清水、鹿島、神戸が開幕3連勝!かたや市立船橋はまさかの──

4/23(日) 18:28配信

SOCCER DIGEST Web

清水ユースのエースFWが3戦連続の決勝弾!

 高円宮杯U-18サッカーリーグ/プレミアリーグは4月22、23日に第3節を消化。全国各地でEAST、WESTの10試合が開催された。

【PHOTO】柏×横浜の美女サポーターたち

 
 EASTでは清水エスパルスユースと鹿島アントラーズユースが開幕3連勝を飾った。浦和レッズユースを地元に迎えた前者は、88分、エースFW鈴木魁人が劇的弾を叩き込んで逆転勝利。これで鈴木は3戦連発で、いずれのゴールも決勝点と勝負強さを発揮している。後者は日立で柏レイソルU-18と対戦。一進一退の攻防がつづくなか、鹿島はMF須藤翼が89分に均衡を破り、こちらもゲーム終了間際のゴールで勝利をもぎ取っている。
 
 開幕2連敗を喫した市立船橋はFC東京U-18との一戦に臨んだ。23分にFW久保建英に先制され、6分後にMF郡司篤也のゴールで追いつくも、39分にMF小林幹の一撃でふたたび勝ち越された。結局はこれが決勝点となり3連敗。まさかの最下位に沈んでいる。
 
 青森山田はFW中村駿太の2発とMF郷家友太のゴールで大宮アルディージャユースを3-0で一蹴。京都サンガU-18は前半アディショナルタイムにFW服部航平が挙げた虎の子の1点を守り切り、横浜F・マリノスユースを下した。EAST初参戦となり、開幕2試合は過酷なアウェー遠征が続いたが、今季初のホームゲームで初白星を上げている。
 
 ヴィッセル神戸U-18の勢いが止まらないのがWESTだ。今節はアビスパ福岡U-18のアウェーに乗り込み、後半に攻撃陣が爆発。59分のMF佐々木大樹のゴールを皮切りに大量5ゴールを奪い、開幕3連勝で単独首位に立った。得点9に対して、失点が1。圧巻のスタートダッシュだ。
 
 セレッソ大阪U-18は49分と70分にMF中島元彦が決めた2ゴールで、米子北に快勝。サンフレッチェ広島ユースと東福岡の強豪対決は前者に軍配が上がった。15分にFW明比友宏、27分にMF川村拓夢が得点を挙げ、後半は“赤い彗星”の攻撃をシャットアウト。シーズン初勝利を飾っている。大津は終盤の2ゴールで阪南大高を突き放し、こちらも初の3ポイント奪取となった。
 
 ガンバ大阪ユースは堅守自慢の神戸弘陵をホームグラウンドに迎え、3-1の勝利を収めた。23分にDF奥井大貴が先制点をマークし、その後いったんは追いつかれるも、後半にMF芝本蓮が2ゴールを決めて突き放した。前節・大阪ダービーの大敗を払しょくする快勝劇だ。
 
 プレミアリーグ第3節の全結果は以下のとおり。
 
【プレミアリーグEAST/第3節】
4/22 13:00 大宮ユース 0-3 青森山田
4/23 13:00 清水ユース 2-1 浦和ユース
4/23 14:00 FC東京U-18 2-1 市立船橋
4/23 15:00 柏U-18 0-1 鹿島ユース
4/23 15:00 京都U-18 1-0 横浜ユース

【プレミアリーグWEST/第3節】
4/22 13:00 福岡U-18 0-5 神戸U-18
4/23 11:00 阪南大高 0-2 大津
4/23 11:00 米子北 1-1 C大阪U-18
4/23 11:00 東福岡 0-2 広島ユース
4/23 16:00 G大阪ユース 3-1 神戸弘陵

最終更新:4/23(日) 18:45
SOCCER DIGEST Web