ここから本文です

「ポカリ」新CMで新高校生・八木莉可子が激ムズダンスに挑戦!

4/24(月) 0:03配信

ザテレビジョン

「ポカリスエット」の新CM『踊る始業式』篇が、好評公開中。同CMの中で、ポカリスエットイメージガール・八木莉可子が、約300人のダンサーと高難度のダンスを披露し、話題を集めている。

【写真を見る】プールではダンサーと共に青い粉を浴びる場面も!

2016年に引き続き、「潜在能力をひき出せ」をテーマにさまざまなブランドプロモーションを展開しているポカリスエット。今回のCM「踊る始業式」篇では、昨年の「エール」篇、「サンクス」篇に引き続き八木が登場。過去のシリーズ以上にキレのあるダンスを見せている。

舞台となるのは、学園生活のスタートである始業式。体育館に集まった八木率いる300人の生徒が、手を打ち足を踏み鳴らして合唱をしながら踊り始める。男子と女子、交互に並んだ列が互い違いにダンスを披露し、彼らが奏でるボディーパーカッションと重なっていく。

歌とダンスの一体感が高まっていく中、舞台は体育館から外のプールへ。プールの周りに集まった教員や保護者らが、若者たちを鼓舞するように一斉にブルーの粉を投げ入れ、学生たちはブルーに染まる世界で一心不乱に踊り続ける…。始まりへの期待、友情、恋の予感など、「青い気持ち」がさく裂した映像に仕上がっている。

映像の端々にはSNSに投稿された青春一発動画がインサート。これらは今年2月に募集したコンテスト型SNSキャンペーン「#ポカ動 すごい!青春一発動画」の受賞作品で、CMには15作品が採用された。熱いダンスに負けない学生たちの個性豊かな映像が、CMを爽やかに彩っている。

撮影を終え、八木は「ダンサーさんもたくさんいて、ちょっとした学校みたいな感じでした。ダンスが分からなかったら、すぐ周りの人が教えてくれたり、『ここ間違ってるよ』とか言ってくれました。他のお仕事と違って大がかりな分、みんなで一致団結して心を一つにするのがすごく楽しいです」とコメント。

新しくなったダンスについては「昨年と同じ感じかなと思ってたら、最初に振り付けを見たときに全然違っていて。不思議なポーズとかがいっぱいあって、スピードも速いし、パワフルだし。『わー、だいじょうぶかな…』と思ったんですけど、先生もすごく細かく教えてくれたのでなんとか踊れました。

動きも合わせないといけないので、他のダンサーさんと心を一つにして踊りました。踊る時はみんな全然笑わないでキチッとやるけど、終わったらふざけて遊んでみたり、そんな感じで撮影しているのがすごい楽しかったです」と振り返った。

自身も4月から高校生になったばかりの八木。高校生活での目標については「みんなで頑張って、体育祭で1回優勝してみたいです(笑)。(体育祭の)総合優勝みたいなのあるじゃないですか。みんながいろんな種目やって、得点が上がっていってみたいな。

あとは友達ができるかどうか周りもめっちゃ心配してるんです。私もできるかなって思ってるので…(笑)。とりあえず、高校に入ったら100人友達作りたいです!」と意気込んだ。

また、八木やダンサーたちが本気で挑んだからこそ出来上がった新CMの舞台裏を、ドキュメンタリー動画として公開中。約1カ月間のレッスンを乗り切り、持ち前の辛抱強さでダンスを踊り切った八木の奮闘にも注目だ。

最終更新:4/24(月) 0:03
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)