ここから本文です

元乃木坂46・深川麻衣「卒業を意識したのは24歳のバースデーライブのとき」

4/24(月) 7:00配信

ザテレビジョン

2016年6月に乃木坂46を卒業した深川麻衣が、4月26日(水)から上演される舞台「スキップ」に出演する。元宝塚歌劇団の月組トップスター・霧矢大夢とのW主演という形で大役を射止めた。女優として本格始動する彼女を直撃し、グループ卒業から女優転身への思いなどを語ってもらった。

【深川麻衣グラビア集】まいまいの最新撮り下ろしグラビア14まい!

――霧矢さんをはじめ経験豊富な方々との共演、しかも主演ということでプレッシャーは感じていますか?

深川:プレッシャーも緊張もありますね。ただ、皆さんと顔合わせをする前のほうが緊張していた感じで、稽古を重ねていくうちに少しずつリラックスできるようになりました。とはいえ、やっぱり本番に対する不安みたいなものはあります。舞台は一発勝負なので、失敗してもやり直しがきかないですからね。体調管理の面なども含めて本番当日までの準備についても学ぶことばかりです。もちろん、女優としてまだまだなので“できないことはできない”ときちんと認識しようと思っています。その上で、稽古を重ねて少しでも上達していければと思います。

――現時点ではどんな部分が難しいと感じていますか?

深川:気持ちを大きく作ることです。私は大きな声を出そうとするとセリフに抑揚がなくなってしまうんですよ。でも、感情を大きく作れば、声や動作もそれに合わせて大きくなっていくと教えていただいたので、自然にできるようになりたいです。日常生活でも声が小さいほうなのでのどがつぶれないか心配なんですけど、霧矢さんにケアの仕方などを教えていただいています。

――アイドルから女優へ転身したわけですが、そもそも芸能界を目指したきっかけを教えてください。

深川:興味を持ったのは中学生のときでした。当時は、モデルさんになりたい!とか女優さんもいいなぁ…という感じでかなりざっくりした目標でした。テレビや雑誌の中で同世代の人たちがキラキラしているのを見て、すてきだなぁって憧れていたんです。ただ私は人前に出るのが苦手だったんですよ。授業とかでみんなの前に立って発表するだけで、お腹が痛くなってしまうようなタイプでした。それなのに芸能の仕事をしたいという、自分の中でも矛盾していると感じる夢を持ちました。消極的な自分があまり好きじゃなかったんですね。そんな自分を変えたい!という思いもあって、いろんなチャンスを探している中で出会ったのが乃木坂46だったんです。

――乃木坂で多くの経験を積んだから今があると。

深川:それは間違いないですね。乃木坂に入ってからいろんなお仕事をさせていただきました。バラエティー番組やライブももちろん楽しかったんですけど、中でもMV(ミュージックビデオ)や、CDの特典DVDに収録される“個人PV”の撮影が大好きでした。天候に左右されたり何度も撮り直したりすることもあったから大変でしたけど、いつからか「撮影の仕事って楽しいな」と思うようになっていました。

――卒業やその後のことを意識し始めたのはいつ頃から?

深川:アイドルは年齢的に30代、40代と続けていくのが難しいじゃないですか。私は20歳で乃木坂に入ったので、他のメンバーと比べるともともと年齢が上のほうでした。毎年2月に乃木坂のCDデビューを記念した「Birthday Live」が開催されますが、24歳の時に行われたそのライブの時に「私はあと何回このイベントに出られるんだろう?」って考えたんです。多分、私だけじゃなくて乃木坂の“お姉さんメンバー”と呼ばれる年長組のみんなは、頭の片隅で常に卒業を意識していると思います。『もし自分が卒業したら、その後は何をしていこうかな?』って考えるわけです。それを頭に思い浮かべた時に、私はMVや個人PVで経験した“演技”に挑戦したいなと思いました。ほぼ一から勉強しなきゃいけない道だけど、何歳になっても続けていけるし歳を重ねればそれが味になっていくんじゃないかなって。あっ、そんなに年齢のことばっかり考えていたわけじゃないんですけどね(笑)。

――その勉強の一環としてなるべく映画を観るようにしているのだとか?

深川:そうなんですよ。2016年は79本の映画を観ました。洋画だとミステリーが多いですね。最近観た中で印象に残っているのはビョーク主演の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」('00年)。何年も前から友達やスタッフさんから話は聞いていました。でも「重い作品だから、次の日に仕事があったりすると支障をきたすかも」って言われて、かなり慎重になっていたんです(笑)。そういう意味でのハードルが高かったからか、実際に観てみたら思っていたよりも平気でいられました(笑)。やっぱりラストは衝撃的でしたけどね。邦画だと中村義洋監督の「みなさん、さようなら」('12年)とか、園子温監督の「愛のむきだし」('08年)が印象深いですね。他にも周りの人からオススメ作品を教えてもらっています。自分の好みだけだと出会えない作品も多いので、これからも積極的にチェックいていきたいと思います!

取材・文=大小田真

最終更新:4/25(火) 17:04
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)