ここから本文です

筋肉コミュニケーション研究家・ジャスティス岩倉が推薦! マッチョ俳優たちのヤバすぎる筋肉を徹底解剖!

4/24(月) 13:00配信 有料

サイゾー

――本誌5月号特集記事「今じゃタフネスからセクシーに様変わり!? 飛行機から落ちても死なない! 筋肉映画のバカさが許される理由」では筋肉映画と男らしさの変遷をたどってきたが、ここでは各俳優たちの筋肉の鍛え方や特徴を、俳優としても活動する、筋肉コミュニケーション研究家・ジャスティス岩倉氏が分析する。

■今でもマッチョたちを魅了する怪力
スティーヴ・リーヴス

この写真、ゴールドジム原宿東京店に飾ってありますよ! バルクがあるわけじゃないですが、均整の取れたキレイな筋肉……特に、逆三角形になっている広背筋がスゴいじゃないですか! ボクの分析によると相当、懸垂をやっていると思われますね。脚はレッグプレスなどの機器を使っているのか、キレイにまとまっています。

■規格外のSFXマッスル
アーノルド・シュワルツェネッガー

体の各パーツを極限まで鍛え上げた、完全にボディビルベースの芸術的な筋肉ですよね! 『コマンドー』を見ると動きが硬いですが、それはボディビルダーの鍛え方だからなんです。ただ、アクションがゆっくりでも筋肉をじっくり見せつけているから迫力がスゴい! こんな筋肉を見せられたら、誰だって鍛え始めますよ。本文:2,597文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:4/24(月) 13:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年8月号
7月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:オトナの「エロ」読本
第2特集:「PKCZ」って何者だ?
第3特集:「都議会」最前線