ここから本文です

本田がリーグ17戦ぶり途中出場 トップ下に入るも得点絡めず、ミランも1-2とエンポリに痛恨黒星

4/24(月) 1:01配信

Football ZONE web

スソと交代して2017年のリーグ戦初出場、ATを含めて約11分間プレー

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間23日のリーグ戦、本拠地エンポリ戦で後半42分から途中出場。約8分のアディショナルタイムを含め約11分間プレーした。リーグ戦では昨年12月12日の第16節ローマ戦(0-1)での途中出場以来、2017年に入ってからは初出場となり、約4カ月半ぶりで17試合ぶりのピッチに立った。公式戦では1月25日のイタリア杯準々決勝ユベントス戦で、後半アディショナルタイムから出場して以来のゲームになった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ミランは前半40分にエンポリのMFレヴァン・ムチェドリーゼに先制ゴールを許し、さらに後半22分にもFWマメ・ババ・ティアムに追加点を決められて、0-2とビハインドの展開になった。後半に入るとFWスソがPKを失敗するなど難しいゲームが続き、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はFWカルロス・バッカ、FWルーカス・オカンポスと攻撃的なカードを切った。すると同27分にラパドゥーラのゴールで1点を返すことに成功した。

 そして、3枚目のカードとして登場したのが本田だった。同42分にスソとの交代でピッチに入ると、総攻撃状態のチームで3-5-2のトップ下に入った。そして、後半アディショナルタイム突入直後には、本田が敵陣右サイドでボールを奪い取り、オーバーラップしたMFマリオ・パサリッチにラストパスを通したが、必死に戻った相手のブロックにあった。ゴール前に次々とボールを放り込むパワープレーのなかで、本田の頭上をボールが飛んでいく展開になり、ミランは同点ゴールを奪えずに1-2のまま敗れた。

インテル、フィオレンティーナとの6位争いへ

 ミランはこの敗戦で勝ち点58にとどまり、この日に勝利した5位ラツィオとの勝ち点差が6に開いた。残り5試合での逆転は極めて厳しくなったが、救いはラツィオと首位ユベントスがイタリア杯の決勝を戦うこと。UEFAヨーロッパリーグの出場権がリーグ6位に回ることが濃厚になったなかで、同56のインテル、同55のフィオレンティーナと、来季欧州の舞台でプレーする権利を争うことになりそうだ。

 そして、リーグ戦では年が明けてから初の出場機会を得た本田は、シーズン最終盤で戦力として再びチームに貢献することができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/24(月) 1:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新