ここから本文です

キャサリン妃 ロンドンマラソンを応援!

4/24(月) 11:10配信

25ansオンライン

先週キャサリン妃が毎日のように登場され、PRを続けていらしたロンドン マラソン 2017が、23日(日)に開催されました。今年は5万人が参加となった、世界最大級のチャリティイベントで、今年そのメインテーマとなったのが、ご存じウィリアム王子をキャサリン妃ご夫妻とハリー王子が立ち上げられた、メンタルヘルスのキャンペーン「ヘッズ トゥギャザー」。ロゴ入りユニフォームを着用した、御三方のチームの代表ランナーたちはもちろん、参加者全員にロゴ入りのブルーのヘッドバンドが配られ、賛同した多くのランナーが着用し走る姿が見られました。
御三方は、到着後まずチームの代表ランナーたちのところへ向かわれ、スタート前に励ましの言葉や、ハリー王子とキャサリン妃はなんとハグも!
そしていよいよマラソンスタート! その合図ももちろん、御三方で一緒にボタンを押されました。
しばらく、ランナーたちをお見送りされたあと、今度は応援ゾーンに移動され、沿道からランナーたちをサポート。応援はもちろん、お水を渡されたりも。

【キャサリン妃 ヘッズ トゥギャザー公式ウェアの着画像】

途中キャサリン妃は、ヘッズ トゥギャザーの巨大グローブを手にはめ、ランナーとハイタッチも。これが大きすぎてリアリティがなく、ランナーにとっては恐らく素手の方が嬉しいのでは?なんて思っていたら、キャサリン妃も意外とすぐに取られたようで、ウィリアム王子やハリー王子と同様に、素手でハイタッチをされていました。スパイダーマンもキャサリン妃とハイタッチしていました。
そこから最終ゴール地点へと移動され、今後は大会の運営スタッフやボランティアの人たちとも交流。おそらく感謝の意を伝えられたのでしょう。

ちょうどその頃、スタートから2時間を過ぎたころ、すでに1位のランナーが到着。男子はケニアのダニエル・ワンジルが2時間5分56秒で優勝。女子では、同じくケニアのメアリー・ケイタニーが2時間17分で、世界新記録を樹立。車いすの部ではデヴィッド・ウィアー。ハリー王子がそれぞれ優勝者にメダルを授与されました。

ほかの完走したランナーたちには、なんとウィリアム王子とキャサリン妃からメダルがかけられていました。
キャサリン妃の列には、巨大な星型の被り物のランナーも!笑いながら星の上にメダルをかけてあげるキャサリン妃がとってもラブリーでした。

毎年、参加者の規模もですが、被り物といったコスプレランナーも多く、楽しい雰囲気が話題ともなっているロンドンマラソンですが、こんな身近で人気ロイヤルズが応援&お出迎えとあらば、例年以上の盛り上がりも当然でしょうね。
そしてウィリアム王子をキャサリン妃、ハリー王子もとっても楽しそうだったことが印象的でした。

この日は、御三方とも黒のヘッズ トゥギャザーの公式ウェアを羽織られて登場。プリンスたちもスタイルに合わせ、微妙にそれぞれ違うデザインをチョイスされていました。キャサリン妃はコンパクトでウエストが絞られたジップのウインドブレーカータイプのジャケットをお召しに。黒のスキニーと上下共に黒でコーディネート。でも中に切られたトップスはボーダーで爽やかに。そして足元も、最近お気に入りの白のスペルガです。
ピアスはキキ・マクドノーのリーフ型で、さりげなくキラリとアクセントにされています。カジュアルなスタイルの時に、このイエローゴールド&ダイアモンドのリーフモチーフはよく合うので、よく登場しますね。

ファッションではアッと驚くこともなかったこの日ですが、それよりももっと、皆さんの自然で気さくで楽しそうな姿に魅了されました。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:4/24(月) 11:10
25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年9月号
2017年7月28日発売

通常版:800円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。