ここから本文です

【入門ロードバイク2017】ラピエール・アウダシオ200FDJ CP

4/24(月) 7:10配信

CYCLE SPORTS.jp

フレンチブランドならではの個性が光る

フランスの老舗、ラピエールのアルミニウムロードバイクが「アウダシオ」。100から500まであるシリーズの中で中堅どころとなるのが、ツール・ド・フランスに出場するエフデジのチームレプリカカラーをまとった「アウダシオ200 FDJ」だ。

その見るからに剛性感のあるフレームは、細部を見ると他のブランドにはない個性が光っている。ネジ切り式のBBを採用しており、何度もBBを交換しても安心で、外装式のケーブルルーティングによりメンテナンスも簡単。他にも走行中のメカの不調に対応できるアジャスター付きのケーブル受けがあったり、ケーブルガードが標準装備だったりと、随所に頻繁にメンテナンスして長く乗ってほしいという設計者の想いが伝わってくる。

予算がふんだんにある超高級車と違って、エントリークラスのバイクには限られた予算をどこに配分してユーザーにどのように乗ってほしいのか?といったプロダクトマネージャーの思考が見えてくる。だからからこそ10万円台のアッセンブルは興味深い。

アウダシオ200は2017年モデルでフルモデルチェンジしたシマノの新型ソラをクランクにまで採用。クラス初となる内装式のSTIレバーを使用しており、コンパクトな形状で上位モデル顔負けの変速性能を追求している。セライタリア製のサドルに高級なバーテープ、シマノ製のハブなど通好みの仕上がりの一台だ。

ラピエール・アウダシオ200FDJ CP
シマノ・ソラ完成車価格/14万5000円(税抜)

フレーム●ニューアウダシオ アロイ
フォーク●ニューラピエールカーボン
メインコンポ●シマノ・ソラ
ホイール●アレックス・リム
タイヤ●コンチネンタル・ウルトラスポーツ2 700×25C
ハンドルバー●ラピエール・HB-CR12
ステム●ラピエール・withLP キャップ
シートポスト●ラピエール・SP-3D1
サドル●セライタリア・X 1
サイズ●46、49、52、55
カラー●FDJカラー 試乗車実測重量●9.69kg(49サイズ、ペダルなし)

難波ケンジ

最終更新:4/24(月) 7:10
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円