ここから本文です

日経平均大幅続伸1万8875円88銭、マクロン氏優勢見通しで

4/24(月) 15:02配信

オトナンサー

 週明け4月24日の東京株式市場で日経平均株価は続伸、前週末比255円13銭高の1万8875円88銭で取引を終えました。

【3分でわかる動画】トランプ大統領が辞任する可能性は?

 マネースクウェア・ジャパンの西田明弘チーフエコノミストによると、フランス大統領選で事前の予想通り、中道改革派「前進!」のマクロン氏と極右・国民戦線(FN)のルペン氏が決選投票に進出、マクロン氏優勢との見方が強まり、ルペン氏勝利による「FREXIT」への懸念が後退してリスクオンの地合いとなりました。

 東証1部33業種中、陸運、精密機器など30業種が上昇、一方、鉄鋼、石油・石炭製品など3業種は下落しました。個別銘柄では、ソニー、テルモが買われ、SUMCO、JFEホールディングス(HD)は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前週末比14.61ポイント高の1503.19。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=110円20銭台で推移しています。

足元のリスクオンは継続するか

 西田さんによると、今週は多くのイベントを控えており、足元のリスクオンが継続するかどうか要注意です。

・25日:北朝鮮人民軍創設85周年(北朝鮮の核実験実施などが懸念される)

・26日:トランプ米政権が税制改革の計画を発表予定(計画は大枠にとどまり、詳細は6月になる可能性も)

・27日:日銀と欧州中央銀行(ECB)の金融政策会合(現状維持の予想が大勢)

・28日:米第1四半期国内総生産(GDP)発表(予想は前年比プラス1.1%と伸びが鈍化する見通し)、米2017年度継続予算期限切れ(政府機関の一部閉鎖の可能性も)

・29日:欧州連合(EU)サミット(BREXIT=英国のEU離脱に関する交渉ルールが決定する可能性)

オトナンサー編集部

最終更新:4/24(月) 16:57
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ