ここから本文です

今年リーグ戦初出場の本田、海外メディア上々評価 「チャンスあった」「明るく輝くカメオ登場」

4/24(月) 10:54配信

Football ZONE web

本拠地エンポリ戦で後半42分から出場 アディショナルタイムを含めて約11分間プレー

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間23日のリーグ戦本拠地エンポリ戦で後半42分から出場し、約8分間のアディショナルタイムを含めて約11分間プレーするも1-2で敗れた。試合後に採点を公開した海外メディアでは、本田の出場時間が短いことから「採点なし」となった一方、寸評ではまずまずの評価を得ている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ミランは2点を先行されると、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が次々に攻撃的な交代カードを切り、3人目の交代がFWスソに代わっての本田投入となった。後半42分から3-5-2のトップ下に入るとアディショナルタイム突入直後には、本田が敵陣右サイドでボールを奪い取り、オーバーラップしたMFマリオ・パサリッチにラストパスを通したが、必死に戻った相手のブロックにあった。

 イタリアメディア「ユーロスポーツ.it」では、「モンテッラが選んだ最後のカード。ほとんどチャンスがなかったが、何であれこの日本人選手により良いチャンスがあった」と、同点ゴールに迫るプレーがあったことを評価されている。

 米スポーツ専門局「ESPN」では、「十分に明るく輝くカメオが登場したが、本当の意味でインパクトを与える時間はなかった」と、アクセサリーに例えられつつ評価されたが、ほんの短い時間だけに“カメオ出演”の意味が込められている一面もありそうだ。

リーグ戦約4カ月、17試合ぶりの出場

 チームがゴールを奪おうとゴール前に次々とボールを放り込むパワープレーを選択したため、本田は足下でボールを受けられる場面がほとんどなかったが、敵陣で精力的に見せたプレーはまずまずのインパクトを与えられた模様だ。

 本田にとってこのエンポリ戦が、リーグ戦では昨年12月12日の第16節ローマ戦(0-1)での途中出場以来、2017年に入ってからは初出場となり、約4カ月半ぶりで17試合ぶりのピッチだった。公式戦では1月25日のイタリア杯準々決勝ユベントス戦で、後半アディショナルタイムから出場して以来のゲームだった。

 今季の残りはあと5試合となったが、本田はシーズン最終盤で出場時間を勝ち取っていくことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/24(月) 11:53
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新