ここから本文です

ベンゲル監督、確執が噂されるサンチェスを絶賛 「彼は来季ここにいる」とエースの残留宣言

4/24(月) 16:10配信

Football ZONE web

FAカップ準決勝シティ戦、延長戦の末にサンチェスの決勝弾でアーセナルが2-1勝利

 イングランド最古の歴史を誇るFAカップ準決勝アーセナル対マンチェスター・シティが現地時間23日に行われ、延長戦の末にアーセナルが2-1で勝利した。チームを率いるアーセン・ベンゲル監督は決勝弾を挙げたチリ代表FWアレクシス・サンチェスを絶賛するともにエースの残留宣言をしたと英紙「デイリー・ミラー」が伝えている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 両チームともに今季狙えるタイトルはほぼFAカップに絞られたなか、試合は後半に大きく動いた。同17分にシティのエースFWセルヒオ・アグエロが最終ラインを抜け出すと右足アウトサイドで巧みなループシュートで先制。しかしアーセナルはここから反発力を見せる。同26分に右サイドのMFアレックス・チェンバレンのシンプルなクロスに対し、大外から駆け上がったDFナチョ・モンレアルがダイレクトで叩き込んで1-1の同点に持ち込んだ。

 そして迎えた延長前半11分、右サイドで得た直接FKからの混戦から、最後はゴール前にポジショニングしたサンチェスが押し込んで2-1と勝ち越し。聖地ウェンブリーに駆け付けたファンを歓喜させた。

 来季限りでアーセナルとの契約最終年となるサンチェスは、ベンゲル監督との確執、そしてこの日対戦したマンチェスター・シティへの引き抜きなどが報じられ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ失速の戦犯としても糾弾されている。しかしベンゲル監督は、殊勲者となったエースを「チームと同じく、問題を抱えるごとに強く、強くなっていった」と、批判を浴びるクラブとともに強くなっていることを称えた。

ベンゲル監督、来季指揮の意思を示唆

「彼は常に相手を仕留める準備ができている獣のような男だ。まったくもって諦めない。そして彼は来季、ここ(アーセナル)にいるはずだ。なぜならば我々との契約があり、それを延長してくれることを願っているからだ」

 このようにサンチェスの残留、そして来季もベンゲル監督自身が指揮を執る意思があることを示唆した。決勝の相手はチェルシーとのロンドンダービー。リーグ戦では大きく水をあけられた同都市のライバルに対して、一矢報いることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/24(月) 16:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新