ここから本文です

レアル戦勝利に敵地ロッカー室で歓喜のバルサ スマホ画面に出場停止のネイマール…再び一致団結

4/24(月) 17:02配信

Football ZONE web

バルサロッカー室でスマホを掲げている選手がいたとスペイン各メディアが報じる

 バルセロナは現地時間23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節、レアル・マドリードとの「エル・クラシコ」で撃ち合いの末に3-2で勝利した。劇的な勝利にチームは試合後歓喜に沸いたが、ロッカールームではなぜかスマートフォンを掲げている選手がいたとスペイン各メディアが報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 試合はレアルMFカゼミーロの先制弾に始まり、バルサはFWリオネル・メッシとMFイバン・ラキティッチのゴールでバルサが一時勝ち越すも、試合終盤にMFハメス・ロドリゲスの意地の一撃で2-2の同点となるシーソーゲームに。しかし、最後は千両役者メッシが後半アディショナルタイムに決勝弾を叩き込み、熱戦に終止符を打った。

 バルサはレアルと比べて消化試合が1つ多く、なおかつクラシコ前の時点で勝ち点3差を追う状況だった。勝利以外はリーガ3連覇が遠のくというプレッシャーを受けていたなか、今回の勝利はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、パリ・サンジェルマン戦での大逆転勝利に勝るとも劣らない歓喜となった。

 それだけに試合後、レアルの本拠地サンチャゴ・ベルナベウのロッカールームで歓喜に沸くチームの集合写真を多くの選手がSNS上に投稿しているが、一人の選手がなぜかスマートフォンをかざしていたという。

バルセロナで戦況見守ったネイマールと…

 スペイン紙「マルカ」によると、携帯の画面に映っていたのはビデオ通話でつなげたFWネイマールの姿だったという。ネイマールは第31節マラガ戦で退場となり、リーガ3試合出場停止の処分が下っていた。処分軽減を求めて異議申し立てをしたなか、試合直前にはチームに帯同し、クラシコ強行出場もあるとの報道も流れていた。最終的にクラブが招集メンバー外と発表したが、バルセロナの地で戦況を見守っていた模様だ。

 バルセロナを本拠とする「ムンド・デポルティーボ」紙では、ネイマールがメッシの劇的な決勝ゴールに大喜びする様子も動画付きで紹介している。ここ最近好調をキープするブラジル人アタッカーは次節オサスナ戦も出場停止となるが、リーガ優勝争いに踏みとどまったチームは、ロッカールームで再び一致団結したようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/24(月) 17:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新