ここから本文です

S・ラモスにバルサ以上の“天敵”現る!? クラシコで2年連続同じ主審から退場処分

4/24(月) 14:56配信

フットボールチャンネル

 現地時間23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で、レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスが退場処分を受けた。

C.ロナは137試合で100得点、メッシは…  チャンピオンズリーグ通算得点ランキング

 マドリーの1点ビハインドで迎えた77分、S・ラモスはリオネル・メッシの背後からスライディングタックルを見舞う。これが危険なプレーと判定され、アレハンドロ・エルナンデス・エルナンデス主審にレッドカードを提示された。

 S・ラモスにとってクラシコでの退場は通算5度目で、歴代最多記録となっている。マドリーでクラブ史上最多のレッドカードを受けている同選手は、今回がマドリーで22回目の退場となった。

 また、珍しい記録も生まれている。クラシコで自身2度目の笛を吹いた34歳のエルナンデス・エルナンデス主審は、2016年4月の同カードでも主審を務めていた。この時、S・ラモスは2枚のイエローカードを受けて退場になっている。

 つまり過去5度のクラシコでの退場のうち、2度はエルナンデス・エルナンデス主審だった。そして2年連続で同じ主審に同じカードで退場させられたことになる。

 後半アディショナルタイムに劇的かつ重要なゴールを連発してきたS・ラモスにとって、エルナンデス・エルナンデス主審はそれを阻む“天敵”と言えるかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)