ここから本文です

グリーズマン、3季連続公式戦25ゴール達成。アトレティコの絶対エースに君臨

4/24(月) 20:20配信

フットボールチャンネル

 22日のリーガエスパニョーラ第33節エスパニョール戦で決勝点を挙げたアトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリーズマンは、このゴールで3シーズン連続公式戦25得点という偉業を達成した。スペイン紙『アス』が報じている。

C.ロナは133試合で5位 チャンピオンズリーグ歴代出場ランキング 1位は…

 2014年の夏にアトレティコへと加入したグリーズマンは、序盤戦こそ適応に苦しむも、シーズン中盤の第16節アスレティック・ビルバオ戦でFWへとコンバートされハットトリックを決めたことによりプレースタイルを変更した。ゴールゲッターへと生まれ変わった2014/15シーズンは公式戦53試合に出場し、リーグ戦で22ゴール、チャンピンズリーグ(以下CL)で2ゴール、国内カップ戦で1ゴールの合計25ゴールを決めた。

 続く2015/16シーズンはさらにゴール数を伸ばし、飛躍のシーズンとなった。公式戦54試合に出場し、リーグ戦で22ゴール、CLで7ゴール、国内カップ戦で3ゴールの合計32ゴールを挙げた。リーグ戦3位、CL準優勝という結果に大きく貢献した活躍が認められ、2016年のバロンドール投票では3位にノミネートされるなど名実ともに世界トップレベルのプレーヤーとしての地位を確立した。

 迎えた今季は、リーグ戦33試合が終了した時点で16ゴール、CLはベスト4の時点で5ゴール、準決勝で敗退した国内カップ戦では4ゴールの合計25ゴールを決めている。シーズンはまだ終わっておらず、これからさらに記録を伸ばしていくだろう。

 現在アトレティコはリーグ3位につけ、CLではレアル・マドリーとの準決勝を控えている。チームが来季のCL出場権獲得や悲願のCL制覇を目指す中、進境著しい絶対的エースが残り少ない試合でどれだけのゴールを積み重ね、アトレティコを歓喜に導けるのかに注目が集まる。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)