ここから本文です

家の購入予定があるなら保険の見直しを視野に!2万円以上減らせる場合も!

4/24(月) 21:10配信

ESSE-online

 家計のことはプロに任せるのがいちばん! ということで、お金に悩むESSE読者を、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんに診断していただきました。 悩みが同じ人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。そうでない人も、一読すればマネーの知識がますます深くなりますよ。家計を立て直したい人は必読です。

「もうすぐ家を購入予定。負担になっている保険をどう見直せば?」にプロはどう答える?

相談者

松野由香利さん(仮名) 静岡県・33歳(専業主婦)

夫34歳(船員)、長男4歳、長女2歳

お悩み

住宅ローンを組んで家を購入する予定です。ローンの額は、今の家賃より1万円高い月8万円にボーナス時8万円の35年返済を考えています。月の赤字額がこれ以上増えないように、夫の保険を見直したいのですが…

松野さんの家計収支

収入

・夫の月収(手取り)¥400,000

・児童手当¥30,000

収入合計¥430,000

支出

・住居費¥70,000←check1

・食費¥60,000←check2

・外食費¥10,000←check2

・電気料金¥8,000

・ガス料金¥5,000

・水道料金¥4,000

・通信費(携帯電話2台分)¥20,000/(プロバイダー)¥5,000/(衛星放送)¥5,000/(NHK受信料)¥3,000

・日用雑費¥15,000←check2

・レジャー・交際費¥10,000←check2

・子ども費(幼稚園月謝)¥35,000/(おむつ代など)¥10,000

・クルマ費2台分(ガソリン代)¥20,000/(駐車場代)¥6,000/(自動車保険)¥20,000こづかい(夫)¥20,000/(妻)¥0

・生命保険料(夫)¥45,000←check3/(妻)¥10,000/(子ども)¥2,000

・学資保険料¥20,000

・貯蓄¥30,000

合計¥433,000

収支-¥3,000

ボーナス収入¥350,000

現在の貯蓄¥3,000,000

<畠中さんの診断>おトクな保険は一部残し、保障は別の保険でカバーを

 松野さんの場合、35年返済での住宅ローンはおすすめできません。夫が65歳の時点で完済できるよう30年返済を選びましょう。さらにいえば、ボーナスは特別支出対策に回して、月々のみの返済が安心。そうなると月8万円の返済で、借りられる額は2800万円になります。

 家の購入で赤字が増えないために見直しを検討したいのが、夫の低解約返戻金型終身保険。これは、保険料を払い込んだあと、長くおくほど戻るお金が増えます。

 貯蓄性がある契約なので、今から新しい保険に入るよりおトク。マイナス金利の影響で保険会社も運用が難しくなり、販売を停止する会社も。せっかく有利なのですから、全部解約せずに、3分の1程度に減額して継続するのがベター。

 不足する保障を別の保険で補完しても、保険料は2万円以上カットできるので、その分をローン、貯蓄、外食費や交際費対策として妻のこづかいに回しましょう。

check1:住宅ローンの予算は夫が65歳までに返済できる範囲で

 家の購入費用は、貯蓄300万円が諸経費に費やされ、全額ローンになりそう。月8万円、ボーナス時8万円、35年返済の場合、約3300万円借りられますが、これでは完済は、夫70歳のとき。65歳で完済できるよう、30年返済で設定を。できれば、返済は月々のみで、ボーナスは固定資産税などの特別支出用に取っておきたいもの。家の予算は、月々返済のみで借りられる2800万円くらいが安全でしょう

check2:妻のこづかいを5000円確保し、家計費からのムダづかいは禁止

 妻のこづかいがないと、食費や外食費、交際費などを家計費から使ってしまい、家計が全体的にふくらみがち。保険料をカットした分で5000円のこづかいをとり、ママ友との食事や趣味のお金はそのなかでやりくりを。使えるお金の枠ができれば自然とムダづかいが減り、家計全体が引き締まります

check3:今の保険は3分の1に減額!割安な保険で保障を確保して

 夫の保険を3分の1に減額すれば、保険料は1万5000円に。不足する保障は、割安な保険で確保を。保険金が年金で受けとれる収入保障保険なら、年金月額15万円(現時点での保険金の受取合計は4680万円)で保険料は月額3549円※1。

34歳とまだ若いので、医療保障は貯蓄性がある医療保険を選ぶのもひとつの方法。65歳で払い込んだ保険料が全額戻る保険でも、保険料は月額4640円と大きな負担にならず、65歳時に約181万円が受け取れます※2。

浮いたお金は、ローンや貯蓄に回して

保険料は、※1メディケア生命「メディフィット収入保障」、非喫煙者優良健康体の場合。非喫煙者標準体は月額4731円、喫煙者は月額5365円。※2メディケア生命「メディフィットリターン」、入院日額5000円の場合。いずれも34歳男性で試算

<取材・文/ESSE編集部>

ESSE

最終更新:4/24(月) 21:10
ESSE-online