ここから本文です

古田新太「稲森いずみと再婚したい」 大東駿介、小栗旬との共演エピソードを明かす

4/25(火) 17:41配信

エンタメOVO

 ゲキ×シネ TIME好評上映御礼!最新作ゲキ×シネ『乱鶯』公開記念舞台あいさつおよび合同取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、大東駿介が登場した。

 本作は、江戸時代に生きる市井の人々の姿を、人情味あふれる人間ドラマとして上演した「劇団☆新感線」の舞台を映像化したもの。

 主演の古田は、舞台の思い出を聞かれると「北九州が楽しかったのよ。毎晩、駿介とか(共演の稲森)いずみちゃんとかと飲みに行って。僕が一人でどんどんおいしい所を開拓していって、そこに駿介を連れて行ったりして」と振り返った。

 古田が希望したことから共演が実現したという稲森について、「美しいですね」と振られると、「そうでしょう。僕はいずみちゃんと本当に再婚がしたいです」と願望を告白した。

 二人がいっしょにいる様子を横で見てきたという大東が「でもやっぱり横にいると、意外と(古田は)紳士だから…」とその真面目ぶりを暴露すると、古田は「普通だろ。大好きだからって指とかなめはじめたら大変だろ」と返して、笑いを誘った。

 また「長ぜりふが大変だった」とぼやく古田に対し、大東は「(古田は)堂々とせりふを間違えてはる。間違えた時も『何や、俺が今何したんや』っていう顔で見るから、こちらが間違えたんかなって思うんです。そのイズムを若い役者たちが引き継いでるから、昔(小栗)旬くんと芝居した時も、旬くんがせりふを飛ばしたら、俺が間違えたみたいな顔されましたもん」と思わぬ影響を明かして、笑わせた。

最終更新:4/25(火) 17:41
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!