ここから本文です

セブン‐イレブン「豆大福」のこだわりポイントとは?

4/25(火) 21:03配信

東京ウォーカー

4月25日(火)以降、セブン‐イレブン・ジャパンは「北海道十勝産小豆使用 豆大福」(130円)を順次発売する(※北海道は別規格を発売)。

【写真を見る】ランクの高いもち米を使用!

同社は、「セブン‐イレブンの新たな看板スイーツ」をテーマに、素材と製造工程のひとつひとつを見直し、定番スイーツを生まれ変わらせて販売。

高齢化社会のなか、チルド和菓子の開発にも力を入れる同社は、豆大福のリニューアルにもこだわった。

ポイントは、特Aランクとランクの高いもち米を使ったお餅。このこだわりのもち米を、小ロットごとに蒸して杵でつくことで、コシのあるお餅に仕立てている。

また、粒餡は、風味の強い北海道十勝産の小豆を、時間をかけてじっくり弱火で煮ることで、小豆の風味を引き出し、なめらかな舌触りに仕上げた。

同社開発担当者は「今回は水さらし工程という、本格的な製法を取り入れ、餡子メーカーと餡子の開発に取り組みました。現行品の3倍の時間をかけて煮込み、専門店のような、小豆の風味が香る商品に仕上げました」とアピールしている。【ウォーカープラス編集部/Raira】

最終更新:4/25(火) 21:03
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。