ここから本文です

スタダの新星・ガチンコ3がアルバム発表!初コンサートは宮本笑里ら豪華音楽家がサポート

4/25(火) 23:30配信

ザテレビジョン

スターダストプロモーション所属のアイドルグループ・3B junior(読み方:スリービージュニア)出演番組「清塚信也のガチンコ3B junior」(フジテレビNEXT/NEXTsmart)から生まれたユニット・ガチンコ3(読み方:ガチンコスリー)が、4月26日にミニアルバム『君の夢は僕の夢』を配信限定でリリースする。

【写真を見る】ミニアルバムのリリースがサプライズ発表されると、3人は抱き合って大喜びした

同作のリリースは、3月30日に東京・ヤマハホールにて行われたガチンコ3の初単独コンサート「ガチンコ3の1」内でサプライズ発表されたもの。ここでは、そのコンサートの模様をレポートする。

当日は音楽監督も務めた小幡康裕(コアラモード.)ほか生バンドの演奏のもと、“生歌”で合計18曲を披露。オープニングの「ガチンコ3のテーマ」、2曲目の新曲「みんながいるから」では雨宮かのん、鈴木萌花がアコースティックギターの腕前も見せた。その「みんながいるから」ほか合計5曲の新曲が初お披露目され、さらにバイオリニスト・宮本笑里がスペシャルゲストとして演奏に参加するなど、初コンサートとは思えない盛りだくさんの内容だった。

また途中にはソロコーナーも設けられ、雨宮かのんのソロ曲「chu chu プリン」(作曲:大森靖子)に続いて、鈴木萌花がシンディ・ローパーの「TRUE COLORS」、愛来が加藤いづみの「好きになってよかった」を情感たっぷりに歌唱。3人の歌声には、コーラスで参加した加藤いづみも「成長がすごい!」と惜しみなく賛辞を贈っていた。

アンコール最後の曲では、作詞を担当した栗本柚希(リーフシトロン)が演奏開始とともにサプライズで参加…のはずだったが、歌い出しでミスがあり、演奏を止めて最初から歌い直しになるというハプニングも。

そんな単独コンサートを振り返って、愛来は「初の単独コンサートをやらせてもらって、バンドさんの生演奏もあって、私たちは恵まれていると思います。これを無駄にしないように頑張ってきたんですけど…大丈夫でしたか?」と客席に向けてアピール。また、鈴木萌花は「こんなステキな場所でコンサートができて、ギターも弾いたし、新曲も披露したし、愛来も言っていたけど感謝の気持ちで一杯です。本当に楽しかった! もう1回、最初からやりたいぐらい」と笑顔を見せ、雨宮かのんも「始まる前は緊張したけど、楽しかったし、私が作詞した曲を6曲も歌わせていただけて本当に幸せです!」と語っていた。

なお、3B juniorは5月5日に東京・山野ホールにて「第25回定例公演」を開催する。

最終更新:4/25(火) 23:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)