ここから本文です

ゴッホやダ・ヴィンチを持ち歩く?ルイ・ヴィトンの話題作

4/25(火) 13:02配信

GQ JAPAN

ルイ・ヴィトンとアートは、切っても切り離せない関係にある。今回コラボする相手は、現代アメリカを代表する芸術家、ジェフ・クーンズだ。

【ルイ・ヴィトンの話題コラボアイテムを見る!】

スティーブン・スプラウス、村上隆、リチャード・プリンス、草間彌生、シンディ・シャーマン、ジェームズ・タレル、オラファー・エリアソン、ダニエル・ビュレン……。これまで数多の世界的なアーティストとタッグを組み、ファッションを通してアートの魅力を伝えてきたルイ・ヴィトン。

今回のお相手は1980年代から「バルーン・ドッグ」「マイケル・ジャクソン・アンド・バブルス」など、数々の名作を生み出してきた、ニューヨークを拠点に活動する現代美術家のジェフ・クーンズ。彼が長年手掛けてきた作品シリーズ「ゲイジング・ボール・ペインティング」のイメージを、ルイ・ヴィトンを象徴するバッグ「スピーディ」「キーポル」「ネヴァーフル」などに落とし込んだコレクションが4月28日に発売される。

ゲイジング・ボール・ペインティングとは、レオナルド・ダ・ヴィンチ、フィンセント・ファン・ゴッホらの巨匠が描いた名画を、クーンズがハンドペインティングで再現した作品群。誰もが知っている古典絵画の素晴らしさを、ルイ・ヴィトンのバッグを通して体験できる、というわけだ。

さらに驚くべきことがある。100年以上にわたり姿形を変えることがなかったルイ・ヴィトンのモノグラム・モチーフを、クーンズのイニシャルを加えて大胆にアレンジしているのだ。この新たなモノグラムは、巨匠画家の名字とともに、バッグの外側にメタリックなディテールとしてあしらわれている。また、すべてのバッグにクーンズのアイコンであるラビットをかたどったタグが付けられ、バッグの内側にはオリジナル作品の作者のバイオグラフィーとポートレートが描かれている。

今回発表された製品は、ルイ・ヴィトンとクーンズのコラボレーションの第1弾。プロジェクトは今後も継続する予定だ。

ルイ・ヴィトン クライアントサービス Tel.0120-00-1854

文・増田海治郎

最終更新:4/25(火) 13:02
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月24日発売

600円(税込)

『ベイビー・ドライバー』主演、アンセル・エルゴート登場/クルマが恋人の若者たち/10トップワールドニュース/三越ワールドウオッチフェア“明日”のヴィンテージ時計