ここから本文です

『スター・ウォーズ』のジョン・ボイエガ、米空港で毎回止められていた!?

4/25(火) 6:10配信

MEN’S+

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で、人気キャラクター・フィンを演じたイギリス人俳優のジョン・ボイエガ。 もはや世界的な俳優へとステップアップ(!?)しているであろう彼がアメリカの空港では頻繁に、呼び止められていたよう…。

【電車内閲覧注意!】米国人が選ぶ最も“見応えのある”愛の映画 5選

 でも、それは世界的人気を得たからではなかったようです。

ジョン・ボイエガ

 『スター・ウォーズ』シリーズのフィン役で知られる英国人俳優ジョン・ボイエガは、渡米するたびにいつも空港のセキュリティチェックで止められていたそうです。 
 
 イギリス出身であるジョンは、オーディションのためアメリカへ向かうたびに「ランダムチェック」として呼び出されていたそうで、最終的には航空会社に苦情を申し立てて止めさせていたというのです。
 
 ジョンは「ES」誌のインタビューの中で、「ロスでのオーディションを受けるために昔はしょっちゅう飛んで行っていたんだ――格安航空券で行って、2週間とか滞在していたもんだよ。それで、そのたびにランダムチェックなるものを受けていたんだ。毎回ね――どの航空会社だったか覚えてれば良かったな。だって電話して、『あれは間違ってる』って言ったことさえあったんだ。向こうはそれは、アメリカ側の問題だって言っていて、手紙を送ってみたら止まったよ――でも、それが定着する前は、こういうことは僕らの身の安全のためだと理解していたけどね。でも、たくさん飛行機に乗るようになって、同じことが3、4回も続くと、『そうか、僕はまだテロリストじゃないかって思われているんだ』って気になるよ」と明かしました。
 
 そんなジョンは、自らはロンドン生まれであるものの、両親の出身地であるナイジェリアを訪問するのが好きだそう。
 
 「自分がマイノリティーでない国にいるのは大好きさ――何か違うものを感じるんだ。アメリカの少年たちを連れていけたらと思うよ。特にこのご時世だから、あの独特の気分を味あわせたいね」と話しました。

MEN’S+/BANG SHOWBIZ

最終更新:4/25(火) 6:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!