ここから本文です

あなたにショートヘアが似合うかどうか、見極める方法

4/25(火) 12:12配信

ハーパーズ バザー・オンライン

美容師さんや信頼の置ける友人たちがしばしば受けるのは、「私にショートヘアって似合うと思う?」という質問だ。ありがたいことに、近頃では多くのセレブリティが、ベリーショートやボブまたはロブスタイルを披露するようになったので、ショートヘアは決して特別なものではなくなった。

【写真】ピクシーカットがお似合いのセレブたち

それで、最初の質問に戻ると、答えは簡単。それは「5.5cmのルール」だ。 
 
この魔法の数字は、ヘアスタイルのトレンドセッターであり、ヘアケア商品の開発者でもあるジョン・フリーダが発見したもの。「それは角度がすべてです」と説明するのは、ジョン・フリーダサロンUKのシニア・スタイリスト兼、カラー・ワオのインターナショナル・トレーニング・ディレクターを務めるジャイルズ・ロビンソン。 
 
「ジョンはさまざまな顔を研究し、あご骨の角度が、その人にはショートヘアとロングヘア、どちらの方が似合うかを決定することを突き止めたのです」。その顔(どんな顔でも)にはショートヘアとロングヘア、どちらが似合うかを示す結果は、信頼が置けて、シンプルかつ正確な測定によるそうだ。

それを試すには、図のように、鉛筆かペンをあごの下に水平に当て、それから定規を耳の下から垂直に当てる。鉛筆と定規の交差点から耳の下までの長さを測ってみよう。その長さが5.7cm以下なら、ショートヘアがよく似合う。もしもそれより長ければ、ロングヘアがあなたにとってベストな選択だろう。

ミシェル・ウィリアムズとキム・カーダシアンで比べるとよくわかる。またはオードリー・ヘプバーンとサラ・ジェシカ・パーカーを並べてみても結果は明らかだろう。ボブヘアのように髪をたくしこんだセルフィーは、もはや過去の遺物となるはずだ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。