ここから本文です

液晶の「副産物」が生んだ驚きの保冷バッグ。シャープの知られざる新素材の実力

4/25(火) 12:20配信

WIRED.jp

シャープがクラウドファンディングを利用して、日本酒と保冷バッグのセットの購入者募集を始めた。日本酒をマイナス2℃に保つというこの保冷バッグ、実は液晶の技術を応用したもの。一定の温度を保つ驚きの素材として、世の中を変えるテクノロジーになる可能性を秘めている。

コンタクトレンズがスクリーンになる「ポリマー薄膜コーティング」技術

シャープが独自の蓄冷材料を用いた日本酒専用の保冷バッグを開発した。社内ヴェンチャーの「テキオンラボ」によるもので、ワインクーラーなどでも不可能なマイナス2℃に冷やした日本酒を楽しめるというものだ。

この蓄冷材料は組成を変えることで、マイナス24℃から28℃まで、自在に保冷(蓄熱)する温度帯を変えられる特徴がある。今回の保冷バッグは、マイナス2℃が飲みごろという石井酒造の日本酒「冬単衣」(ふゆひとえ)に最適化され、マイナス2℃を保つように設計された。クラウドファンディングサーヴィス「Makuake」で、日本酒とセットでの購入者の募集を始めている。

そもそも、なぜシャープが保冷バッグを開発したのか。実はこの蓄冷材料は、液晶開発の副産物なのである。そもそも液晶とは、固体と液体の中間にある物質の状態を指すもので、ディスプレーに使うためには決して凝固させてはならない。そこで凝固を防ぐ研究をしているなかで、蓄冷材料が生まれてきたのだという。

電力事情の悪いインドネシアで用いた技術を転用

この蓄冷材料が最初に実用化されたのは、インドネシア市場向けの冷蔵庫だった。インドネシアは電力事情が悪いため計画停電が多く、停電中は冷蔵庫の庫内温度が上がってしまう。それを防ぐための保冷剤として使うというアイデアだった。

この蓄冷材料の技術を広く活用できないかと発足したのが、社内ヴェンチャーのテキオンラボである。最初の使い道として浮上したのは、実はワインセラーだった。一般的なワインセラーは冷却装置とファンを用いて庫内の空気を循環させているが、冷却装置と蓄冷材料を使えば、ファンを使わずに庫内の温度を一定に保つことができる。「つまり、ワインカーヴのような空間をつくれるということなのです」と、シャープの材料・エネルギー技術研究所で第二研究室課長を務める内海夕香は説明する。

ところが、大手メーカーのシャープが製品化するのであれば、10万台以上の販売が見込めなければプロジェクトが成立しない。ワイン好きの内海はワインセラーに応用できると考えたのだが、部署の同僚からはあまり色よい反応がなかった。さらに、価格設定もワインセラーとしては高額になってしまう。ワインセラーへの応用という夢を持ちつつも、より低価格で多くの消費者に届けられる製品へ応用することが必要だった。

1/3ページ

最終更新:4/25(火) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。