ここから本文です

プレミアNo1の”潰し屋”はカンテではない!? 最もタックル数が多い選手は…

4/25(火) 11:25配信

フットボールチャンネル

 プロサッカー選手協会(PFA)による2016/17シーズンのプレミアリーグ年間最優秀選手に選ばれたチェルシー所属のフランス代表MFエンゴロ・カンテ。プレミア屈指の”潰し屋”とも言えるカンテだが、それ以上にエバートンに所属するセネガル代表MFイドリッサ・ゲイエの方がタックル数が多いようだ。24日に英紙『エクスプレス』が報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 同紙によると、ゲイエは今季126回タックルを行なっていたとのこと。イエローカードを貰うようなタックルも多いが、それでも多くの場面で相手の攻撃を阻止している。2位はカンテでタックル数は110回だった。

 3位はストーク・シティ所属のエリック・ピーテルスで102回、4位はバーンリーのマシュー・ロートンで93回、5位はサウサンプトンのオリオル・ロメウで92回となっている。今季のプレミアリーグ・タックル数ランキングは以下の通り。

【プレミアリーグのタックル数ランキング(所属クラブ:回数)】

1位 イドリッサ・ゲイエ(エバートン:126回)
2位 エンゴロ・カンテ(チェルシー:110回)
3位 エリック・ピーテルス(ストーク:102回)
4位 マシュー・ロートン(バーンリー:93回)
5位 オリオル・ロメウ(サウサンプトン:92回)
6位 ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール:88回)
7位 ジェイムズ・ミルナー(リバプール:84回)
8位 ビクター・ワニアマ(トッテナム:79回)
9位 ダニー・ドリンクウォーター(レスター:78回)
9位 サミュエル・クルーカス(ハル:78回)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)