ここから本文です

G大阪が後半ATの失点でアデレードに痛恨3-3ドロー GS突破へ向け厳しい状況に…

4/25(火) 20:56配信

Football ZONE web

堂安の豪快ミドルなどで優位に進めるも、ホームで3失点

 ガンバ大阪は25日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第5節、本拠地アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)戦に臨んだ。序盤にエースFW長沢駿の先制弾、U-20日本代表MF堂安律と立て続けにゴールを奪ったものの同点に追いつかれ、MF遠藤保仁のPK失敗、終了間際の失点などもあり3-3と痛恨のドローに終わった。

【動画】YouTubeのJリーグ公式チャンネルで公開された「G大阪vs大宮」のハイライト 堂安が衝撃の2ゴール!

 G大阪はここまで1勝3敗の勝ち点3と苦戦しているが、残り2試合はいずれもライバルとの直接対決であり、2連勝すれば文句なしで2位の座をつかむことができる。その状況を受けて長谷川健太監督は、ACLで多く採用していた3バックではなく4-4-2システムを採用した。

 するとキックオフ直後から、G大阪らしい攻撃力が炸裂した。前半6分に得た左CKでキッカーのMF遠藤保仁が蹴ったボールを、長身の長沢がニアサイドに走り込んで頭一つ抜け出たヘディングシュートを叩き込んで1-0。勝利が必須のチームにとって最高の滑り出しとなる先制点を手に入れた。

 その6分後には、クラブ下部組織の傑作との呼び声高い堂安が大仕事をする。ペナルティーエリアやや外、右サイド45度でボールを持つと左足を一閃。クロスを警戒した相手GKをあざ笑うかのように、ボールはニアサイドの右隅へと突き刺さって2-0。堂安にとってJ1大宮アルディージャ戦に続く公式戦2試合連続ゴールとなった。

 守備陣もアデレードの強引な攻めを耐えきっていたが同43分、DF金正也がピッチに足を取られてピンチを招くと、最後はFWシリオに決められて1点差に詰め寄られて前半を折り返した。

名手遠藤がまさかのPK失敗…

 後半に入っても5分に、FWディアワラの際どいシュートをGK東口順昭が間一髪弾き出すなど、G大阪は押され気味の展開が続く。するとその4分後、ディアワラからの落としを受けたFWオドハティに痛烈なミドルシュートを決められて2-2の同点に追いつかれた。

 しかし同11分、ペナルティーエリア右で攻撃参加したオ・ジェソクが相手マーカーと入れ替わろうとしたところ、手で引き倒されてPKを獲得。この大チャンスでキッカーを務めたのは名手・遠藤だったが、コントロールシュートではなくゴール右上を狙ったキックは大きく枠外へと逸れた。

 同点のチャンスを逃したG大阪は途中交代のMF泉澤仁を投入すると、同23分に鋭い突破から長沢のダイビングヘッドを呼び込むなど必死に攻め立てた。同30分には、遠藤に代えてFWアデミウソンを投入。その執念が実ったのは同32分だった。相手FWディアワラが倒れていたが、G大阪はプレーを続行し、右サイドをオーバーラップしたオ・ジェソクが相手マーカーを置き去りにすると、クロスに長沢が飛び込んでゴールラインを割る。相手マーカーに当たったようにも見えたが、長沢のこの日2点目のゴールが認められ、3-2と勝ち越しに成功した。

 しかし後半アディショナルタイムだった。右サイドで直接FKを与えると、ディアワラのヘディングシュートがゴール右隅に吸い込まれる。終了間際の痛すぎる失点で、G大阪は勝ち点3獲得を最後の最後で逃し、グループステージ突破に向けて非常に厳しい状況に追い込まれた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/25(火) 21:14
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新