ここから本文です

ドイツの“問題児”が久々の代表復帰!? 8戦9ゴールで指揮官の評価一変「とても成長」

4/25(火) 18:00配信

フットボールチャンネル

 ブレーメンに所属するFWマックス・クルーゼがドイツ代表に復帰する可能性が高まってきている。24日付けの独紙『ビルト』が報じている。

空前絶後のヘアスタイル! 元ナイジェリア代表DFウェスト、超絶怒涛の髪色5選

 クルーゼは現地時間22日に行われたブンデスリーガ第30節インゴルシュタット戦で4ゴールを挙げ、チームを勝利に導いた。ここ8試合で9ゴールと高い決定力を誇る29歳のストライカーにドイツ代表のヨハヒム・レーブ監督も熱視線を送っている。

 指揮官は「マックス・クルーゼはコンフェデレーションズカップにおいて1つのオプションになり得る。彼は広い視野を持ち、前線で幅広く動いている。とても成長している選手だ」とクルーゼのこれまでのパフォーマンスを称賛している。

 クルーゼはここ数年ピッチ外で問題を多く起こしていた。2014年にはブラジルW杯のメンバーに落選した後、所属クラブに無許可でポーカーの世界大会に出場しクラブから注意を受けた。2015年にはベルリンでタクシーに乗車した際、7万5000ユーロ(約950万円)の入ったバックを後部座席に忘れるという騒動も起こしていた。

 これ以外にも数々の軽率な行動があり、ドイツの“問題児”は2016年フランスで開催されたヨーロッパ選手権(EURO)には代表選出されなかった。最後に招集されたのは2015年11月のため、6月の代表戦で招集されれば1年半ぶりの復帰となる。

 今季序盤は怪我のため試合に出ることが出来なかったクルーゼだが、第11節以降はコンスタントにプレーしている。本人も「試合で自分の全力を尽くすために日々ハードなトレーニングをしている」と現在はサッカーに集中しているようだ。

 なお、ドイツ代表は6月6日にデンマーク代表と親善試合を行い10日にはニュルンベルクにサンマリノ代表を迎えロシアW杯欧州予選を戦う。その後、6月17日~7月2日にロシアで開催されるコンフェデ杯に挑む予定だ。(日程は全て現地時間)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)