ここから本文です

欧州屈指の敏腕スカウト、ローマ行きが正式決定。セビージャでは清武も獲得

4/25(火) 18:45配信

フットボールチャンネル

 イタリア・セリエAのローマは24日、スペインのラモン・ロドリゲス・ベルデホ氏、通称モンチをクラブの新たなスポーツディレクター(SD)に任命したことを発表した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 モンチ氏はローマと4年間の契約を交わし、5年目はオプションとして付与されているとのこと。ローマでの業務はすぐに開始することになる。

 モンチ氏はセビージャで現役時代を過ごし、現役引退後に同クラブのSDに就任。欧州屈指の敏腕スカウトとしてその手腕を発揮し、セビージャに多くのスター選手を集めてきた。就任当初には低迷していたセビージャをスペイン屈指の強豪に引き上げる上で大きな貢献を果たし、クラブは同氏の在任中にUEFAカップ2連覇、ヨーロッパカップ3連覇、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)優勝2回などのタイトルを獲得している。

 優れた選手を比較的安く補強し、自らのクラブでの活躍でその価値を大きく高めさせた上で、他クラブへの売却時には多額の移籍金を得るというスタイルでモンチ氏は大きな成功を収めてきた。セビージャにもたらした黒字は累計で2億ユーロ(約240億円)近くにも達するという。昨年夏にハノーファーからセビージャへ移籍した日本代表MF清武弘嗣(現セレッソ大阪)も、モンチ氏が獲得した選手の一人だった。

 ローマはモンチ氏の就任にあたり、同氏の「最高の補強」として公式サイトで10人の選手を紹介している。ダニエウ・アウベス、ジュリオ・バチスタ、ルイス・ファビアーノ、フェデリコ・ファシオ、アルバロ・ネグレド、ガリー・メデル、イヴァン・ラキティッチ、ジョフレイ・コンドグビア、カルロス・バッカ、ケビン・ガメイロという顔ぶれだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)