ここから本文です

1ゴールあたり1億6500万円!? セリエAでコスパが最も悪いストライカーは? 

4/25(火) 16:30配信

SOCCER DIGEST Web

「コスパ最悪」は昨シーズンの得点王。

 セリエAで1ゴールあたりのコストが最も高いストライカーは誰か? ウェブサイト『L’Economia da Calcio e Finanza』が主だった選手のみを対象に調査し、紹介している。
 
 最もコスパが悪い点取り屋として挙げられたのは、意外にも昨シーズンの得点王ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)だ。
 
 記事は、税引前の年収1388万ユーロ(約16億6500万円)に、減価償却費1787万ユーロ(約21億4440万円 ※移籍金8937万ユーロを契約年数の5年で割った金額)を足した3175万ユーロ(約38億円)をコストとして算出。これをイグアインのここまでのゴール数23で割ると、1ゴールあたりのコストが138万ユーロ(約1億6500万円)となる。
 
 同様の方法で算出すると、得点ランクトップタイの25ゴールを挙げているエディン・ゼコ(ローマ)の1得点あたりのコストが49万ユーロ(約5900万円)。24ゴールのマウロ・イカルディ(インテル)が同44万ユーロ(約5300万円)となる。いずれも、イグアインの約3分の1程度のコストしか掛かっていない計算だ。
 
 記事内で最もコスパが良い選手として紹介されたのが、トリノのアンドレア・ベロッティだ。
 
 今シーズン、ゼコと並ぶ25ゴールをマークしているベロッティの1ゴールあたりのコストは、16万ユーロ(約1900万)。これはパレルモからトリノへ加入した際の移籍金が、わずか840万ユーロ(約10億円)と高くなかったのも要因のひとつとなっている。
 
 このコスパ最高のベロッティと最低のイグアインは、5月6日のトリノ・ダービー(セリエA35節)で顔を合わせる。得点王争いを演じる両雄の対決に注目だ。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:4/25(火) 16:30
SOCCER DIGEST Web