ここから本文です

エコカー競争激化の今、 プリウスPHVが好調な理由

4/25(火) 6:00配信

週プレNEWS

エコカーに魅力的なモデルが急増中だ。

ハイブリッド、プラグインハイブリッドにプチ電気自動車、そしてディーゼル…一体どれが買いなのか。自動車ジャーナリスト小沢コージが濃厚解説する!

* * *

実は今、魅力的なエコカーが目白押しなのだ! とりわけ最強エコカー軍団を率いているのは、今年1月にハイブリッド(HV)の世界累計販売台数1000万台を突破したトヨタだ。そのHVは国内での販売も絶好調!

2015年12月、40・8km/リットルという驚愕(きょうがく)のモード燃費を引っ提げて登場した4代目プリウスは、2016年に22万5066台を売り、新車販売台数で5年ぶりに首位を奪還! 購入して間違いない。

走りもTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットフォームの採用でピンピン。ただ、デビルマン的なマスクは好き嫌いがはっきり出るので、ぜひ販売店で実物を見てほしい!



プリウスで忘れちゃいけないのが、今年2月に発売された2代目プリウスPHVだろう。発売1ヵ月で約1万2500台を売り、話題になったが、これは月間販売予想の5倍の数字となる。初代は4年間でグローバル約7万5000台しか売れなかったことを考えると、これは好調な滑り出しだろう!

では、いったい何がウケているのか。プリウスPHVの骨格は、プリウスと一緒だ。だが、中身は別物。電池は8.8kWhも積み、フル充電状態からは実質50km、電気自動車(EV)モードで走れてしまう。そのEVならではの超絶加速も圧巻だが、走りは上質でしっとりしており、ソーラーパネルをつけると夢の“部分自給自足運転”も可能。プリウスPHV、まだまだ売れそうだ!

ホンダも黙っちゃいない。今月開催された「ニューヨーク国際オートショー」で、ホンダが誇る燃料電池車(FCV)である「クラリティ フューエル セル」と車台を共通化したEVとPHVを世界初公開! 年内にもアメリカで発売するという。日本での発売は未定だが、プリウスPHVのガチライバルになる可能性は大で、今後の動向に注目だ。

★週刊プレイボーイ19・20合併号(4月24日発売)『最強エコカーはコイツだぁ!!!』では、GWに販売店で試乗すべきエコカー14台、まだ日本で見られない注目のエコカー3台を徹底解説!

(取材・文/小沢コージ 写真/本田雄士 五十嵐和博)

最終更新:4/25(火) 6:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.33
7月31日(月)発売

定価400円(税込)

空母いずも「緊迫の南シナ海」に初出撃!/
男が乗るべきゴツ顔カーベスト10/都ファ
「取材拒否」の真相【グラビア】AKB48
/わちみなみ/松本穂香/桜井えりな 他