ここから本文です

新『レタスクラブ』は、仕事も家事も育児も! 無理せず楽しむエッセンスが盛りだくさん! 「ピーナッツお絵描きブック」ほか3大付録付!

4/25(火) 11:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 創刊30年を迎える雑誌『レタスクラブ』が、今日発売の2017年5月号より月刊化!

 記念すべき月刊化第1号は、すぐに使えるレシピはもちろん、美容やお金、収納術など、ライフスタイル全般にわたって盛りだくさんな内容になっています。

 さらに、人気漫画家18名の描き下ろしによるコミックエッセイ集『別レ』や、「1か月分の献立カレンダーBOOK」、スヌーピーの仲間たちのイラストを描けるようになる「ピーナッツお絵描きブック」と、付録も超豪華! これまで『レタスクラブ』を愛読してきた読者にも、今回のリニューアルを機に『レタスクラブ』デビューを目論む読者も、大満足の内容です。

「包丁で切らない」「冷凍食材は賢く使う」これまでのレタスクラブのイメージを覆すレシピが多数

 何度か『レタスクラブ』を読んできた筆者は、いったいどんな部分がリニューアルされたのかワクワクしながらページをめくりました。すると目に飛び込んできたのは「へとへとの日みんな何作ってる?」という巻頭企画。

 これまでも、手間をかけないレシピが誌面に取り上げられる割合は少しずつ多くなってきているように感じていましたが、やっぱりレタスクラブはていねいに家事をする主婦向けというイメージ。

 それが、ただ「ラクチン」とか「時短」ではなく、「へとへとのとき」に作るという切り口でレシピを紹介するのは、ちょっとすごいことだと思います。だって、仕事も家事も育児も、すべてを一生懸命にこなす女性たちの「へとへと」って、本当の本当に「へとへと」なはず。

 だから「買い物をしなくていい」「包丁で切らなくていい」「火を使わなくていい」など、やりたくないことを軸にしたり、カット野菜やシーフードミックスといった市販の冷凍食材を活用したり。料理雑誌としてはご法度なのでは? と思うような特集がたくさん。でもだからこそ、毎日せわしない日々を送っている女性たちの、大きな共感を呼ぶのではないでしょうか。

「頑張り過ぎなくていいんだよ」という編集部からのメッセージがひしひしと伝わってくるような気がしました。

1/2ページ