ここから本文です

1袋につき10円を台風被災地へ寄付!岩泉ヨーグルトを目指して作ったキットカット

4/26(水) 9:00配信

東京ウォーカー

キットカットを食べて、台風被災地にエールを届けよう。

ネスレ日本株式会社は、2016年8月の台風10号で被災された方々を支援するための義援金が商品価格に含まれた「キットカット Bigリトル 岩泉ヨーグルトを目指して作ったヨーグルト味」(税別130円)を、5月22日(月)に全国発売する。

【写真を見る】3月27日(月)に発売された「キットカット 濃い抹茶」

2016年8月の台風10号は、東北・北海道をはじめ各地に甚大な被害をもたらし、現在も被災地は復興の途上にある。土砂災害の約7割が集中した岩手県・岩泉町では、町を代表する「岩泉ヨーグルト」の製造が中断して7カ月が経ち、今夏の復活に向けた懸命な復旧作業が続いている。

ネスレは、「岩泉ヨーグルト」の復活を待ち望むファンに向けて、一足早くその味わいを届けるとともに、全国から応援の想いを被災地に届けることを目指して、寄付金付きの商品を発売する。

「キットカット Bigリトル 岩泉ヨーグルトを目指して作ったヨーグルト味」は、 岩泉乳業株式会社監修のもと、「岩泉ヨーグルト」が持つ独特のコク深い味わいと上品な酸味を目指して開発。また、ネスレと岩手県の三陸鉄道株式会社が協働して推進している東日本大震災復興支援プロジェクトの一環で誕生した地域密着型草野球チーム「三陸鉄道キットDreams」の選手たちが、近隣の台風10号被災地の復興へ貢献したいという想いから発案し、ネスレが応えることで開発に至った。

ネスレは、“キット、願いかなう。”を合言葉に、「キットカット」を通してがんばる人々を応援。過去にも、2007年の夕張市の財政破綻や、同年の新潟中越沖地震、2008年の岩手・宮城内陸地震、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震に際し、寄付金付き商品の販売を通じて、困難から立ち直ろうとする地域の人々を応援してきた。

1袋につき10円の寄付金を含んだ商品の購入を通じて、復興応援活動に参加してみよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:4/26(水) 9:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。