ここから本文です

そのまま食べてもおいしいけれどちょっと待って!明太子で作る絶品&時短副菜レシピ5選

4/26(水) 18:49配信

東京ウォーカー

■ 明太子で時短レシピに挑戦!

あったかい白いご飯にからし明太子…。この組み合わせはテッパンだけれど、いろいろな食材と和えて使うと、おいしさ2倍! 時間をかけなくても、明太子を使えば立派な副菜ができあがります。

にんじん明太

■ 今夜のおつまみにも副菜にも使える「明太かまぼこ」

<材料2人分>

かまぼこ…50g、からし明太子…20g、貝割れ菜…1/8パック、オリーブ油

<作り方>

1.かまぼこは細切りにする。貝割れ菜は長さを3等分に切って器に盛る。

2.ボウルに明太子の身を出してほぐし入れ、オリーブ油大さじ1/2を加えて混ぜ合わせる。かまぼこを加えてあえ、1の貝割れ菜の上に盛り合わせる。

かまぼこの甘みにピリッとした明太子がアクセント。ビールや日本酒のおつまみにもオススメな一品。



■ 明太子で和えるだけの簡単レシピ「にんじん明太」

レンジで加熱したにんじんに、ニンニクをきかせた明太子を混ぜれば、ご飯がすすむおかずに。黒こしょうはお好みでどうぞ。



■ 長いもの食感が楽しい「たたき長いもの明太あえ」

長いもは、めん棒でたたくのがポイント。明太子が絡みやすくなりますよ。のりと醤油でやさしく、さらっと食べれます。



■ なすの口当たりと明太子の塩気がいい「なすの明太マヨあえ」

なすをレンジで加熱して時短! 明太マヨソースは隠し味の牛乳でマイルドに。すぐ出来て味が決まりやすいのがポイントです。



■ パーティシーンにもおすすめ「アボカドの明太子あえ」

クリーミーな食感のアボカドに、明太子×レモン×醤油を和えて、さっぱりいただけます。つぶすとディップに大変身!



明太子は冷凍保存も可能。一本ずつラップに包んで保存しましょう。凍った明太子は包丁で切りやすく薄皮もスルッと取れるので、時短メニューとして使いたいときにもぴったりです。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:4/26(水) 18:49
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展