ここから本文です

小峠英二、“元カノ”から連絡もお金の貸し借りもなし

4/26(水) 15:09配信

ザテレビジョン

4月26日よりAmazonプライム・ビデオで配信が始まった「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2の完成披露試写会が行われ、藤本敏史、宮川大輔、小峠英二、大島美幸、吉村崇が出席した。

【写真を見る】小峠英二の目が赤いのは訳あって寝不足?

「ドキュメンタル」は、10人の芸人が自身のプライドを懸け、賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”。参加費は1人100万円。制限時間6時間内で笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場となる。笑いを仕掛け、笑いに耐え、最後まで残った一人が賞金1000万円を獲得する。

藤本は「一言だけです。第1回目のドキュメンタルより第2回目の方が数倍面白くなっておりますので、皆さん乞うご期待ということでよろしくお願いします」。

宮川は「僕も2回出させていただいているんですけど、1回目も面白かったんですが、2回目の方がすごく楽しくて。1回目と違うのが、1回目は“よしもと”だけでやったんです。それが2回目は他事務所、それもモンスター級の人を集めた。そして女性の大島も出ているという。今回の方が楽しいと思います」。

「目が真っ赤じゃないですか!」と藤本、宮川からツッコまれた小峠は「第1回目はAmazonさんで見させていただいて、面白いな、この場にいたいなと思ったらオファーをいただきまして、でも実際出させていただいたら大変でしたけども、お笑いの猛者たちの間に挟まれて戦っていくというのは、すごく刺激的で楽しい時間でありました。すごく面白い仕上がりになっていると思いますのでご覧いただければと思います」。

すると藤本から「いや、(カメラの)フラッシュの数が多いなと思って…」と不敵なツッコミも。「別に何も言うてないやんけ、ただフラッシュが多いなと。寝られへんかったんかな…きょうは緊張して寝られへんかったんかなと思って」と畳み掛ける藤本に、小峠は「違いますけどね!」と一蹴した。

大島は「今まで妊活、妊娠、出産、子育てずっとやってきて、ちょっと笑いとは無縁の世界に2年くらいいたんですけど、ここが笑いの戦場かと思って。ここで生きていかなきゃいけないんだと思って、前の日はあんまり寝られないかなと思ったら、ぐっすり眠れまして(笑)。でも本当にすごかったです。夢の世界なんですけど戦場でした。そこに呼んでいただいて光栄でした」。

吉村は「賞金1000万円! 漫才でもコントでも(賞を)取れなかった、僕はここでしか活躍できないんです! ここに全力をもって私は当たりました! ありがとうございました」とそれぞれあいさつした。

今後シリーズ化された際に挑戦する芸人に向けてアドバイスを求められた宮川は「普段の楽屋の過ごし方とかヒントになるかも分からないですよね」。大島は「いつでも(オファーされる)心構えしておいた方がいい、100万円は貯金しておいた方がいい。あと松本さんからというのも断れないですよね」と率直な心境を明かした。

ただそれでも今まで何人かオファーを断った人物がいたという。「小杉(竜一)断りましたよね? 小杉が(オファーの)手紙をもらったときに『いやや、こんなのやめとく!』」と宮川から意外なエピソードが暴露される場面もみられた。

また会見終了間際には小峠に“元カノ”への質問が投げ掛けられた。「最近連絡ありましたか?」の質問には「ないです、ないです」。「お金の貸し借りは?」の質問にも「ないです、ないです」と足早に会場を後にした。

なお「シーズン2」には、この試写会に出席した5人の他、ジミー大西、日村勇紀、児嶋一哉、津田篤宏、斉藤慎二が参加する。

最終更新:4/26(水) 16:51
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)