ここから本文です

「家売るオンナ」SPドラマで復活!三軒家万智が赤ちゃんを抱く衝撃ビジュアルが公開!

4/26(水) 23:15配信

ザテレビジョン

昨年放送された人気ドラマのスペシャル版「金曜ロードSHOW!特別企画 7daysTVスペシャルドラマ『帰ってきた 家売るオンナ』」が、5月26日(金)に日本テレビ系で放送されることが明らかになった。

【写真を見る】北川は、「キャラクターの顔芸だけでなく(笑)、人生を歩んでいく上でためになるせりふも散りばめられています」と見どころをアピール

2016年の7月クール水曜ドラマとして放送された「家売るオンナ」。不動産会社の営業所を舞台に、北川景子演じるスーパー営業ウーマン・三軒家万智が、さまざまな問題を抱える人々に型破りなやり方で家を売っていく姿が描かれた。また、決めぜりふの「GO!!」など、万智の強烈なキャラクターも大きな話題を集めた。

そんな同ドラマが、この度スペシャルドラマとして復活! 気になる今回の物語は、連続ドラマの最終回から2年後が舞台。海の見える町で「サンチ―不動産」を営む三軒家万智(北川景子)の元を、「テーコー不動産」新宿営業所の庭野聖司(工藤阿須加)が訪れるところから話が動き出す。

新宿営業所は、近くにできたライバル不動産会社に押され気味となっており、本部からは「今月売り上げが目標値に届かなければ営業所解散」と通達されていた。それを聞いた万智は、2週間限定で再び新宿営業所の一員として働くことに。

新宿営業所には、課長に昇格した布施誠(梶原善)、やチーフとして色気を増した足立聡(千葉雄大)、八戸大輔(鈴木裕樹)、宅間剛太(本多力)など変わらぬ顔触れが。さらには退職したはずの白洲美加(イモトアヤコ)の姿も。だが、万智は彼らとの再会にも感慨はなく、相変わらずの態度で働き始める。

主演を務める北川は、SPドラマでの復活について「連続ドラマの時から、スタッフ・キャストの間で『もう一度このメンバーで集まれたらいいね』と話していたんです。ただ、連ドラがスペシャルになって戻ってくるのは難しいことなので、実現したのは本当にうれしかったし、驚きました」と感想を。

現場の様子については、「連ドラの撮影からは1年ぐらい開いてるんですけど、現場のみんなで『そんなに時間がたった感じがしないね』と話しています。万智を演じるに当たって、私もこの1年で全然違う作品をやっていましたし、すぐ万智に戻れるのか正直不安だったので、クランクイン前に連続ドラマを見返したりしました。

でも、いざ現場に入って、万智のファッションになって共演者の方々とお芝居をしたら体が覚えていて、自然と万智に戻ることができました」と、自身の“はまり役”がしっかりと体に染みついていたことを明かした。

続編ならではの変化については、「美加には子供がいたり、足立がチーフに、布施さんが課長になっていたりと、連ドラの時からキャラクターのポジションや環境が変わっている部分はあるんですけど、それぞれの個性は変わっていないのが良いですね。

今回は、鍵村(草川拓弥)という新しいキャラクターがテーコー不動産に加わるので、彼が良い風を吹かせてくれるんじゃないかと思っています」と、おなじみのメンバーの変わらぬ魅力と、ニューフェイスへの期待を強調した。

最後に、「連続ドラマを楽しみにみてくださった皆さまに続編をお届けできるのは本当にうれしいことですし、今回のスペシャルから入っていただいても絶対に楽しめる作品になっています。

小さなお子さんにも楽しんでもらえるようなキャラクターたちの“顔芸”や(笑)、大人の方に感じていただけるような、人生を歩んでいく上でためになるせりふがたくさんちりばめられています。幅広い方々が楽しめる作品ですので、ぜひご覧になってください」と、視聴者へのメッセージを語った。

また、今回公開されたビジュアルでは、万智がなぜか赤ちゃんを抱いているインパクト絶大な姿が。なぜ万智が赤ちゃんを抱いているのか、そして、この赤ちゃんは誰の子供なのか…。謎だらけのスペシャルドラマの展開に期待しよう。

最終更新:4/26(水) 23:15
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)