ここから本文です

バイエル薬品“代筆論文”問題 医学界にも存在する「ゴーストライター」の正体

4/26(水) 11:00配信

文春オンライン

 ゴーストライターといえば、タレント本などを思い浮かべる人が大半なのではないでしょうか。しかし、実は医学論文もゴーストライターが書いていることがあるのです。しかも、それらの多くが、製薬会社お抱えの執筆者によるものなのです。

製薬会社の社員がカルテ内容を無断で記録

 この4月10日、バイエル薬品の複数の社員が、患者のカルテを本人に無断で閲覧していた疑惑が発覚しました。2012年と13年の2回、宮崎県日南市内の診療所で患者百数十人に対して、抗凝固薬(血を固まりにくくする薬)の使用状況を聴き取るアンケート調査が行われました。その際、同社の社員がアンケートの回答と一緒に、調査に協力した患者のカルテの情報もエクセル(パソコンの表計算ソフト)に入力していたのです。

 私も、この問題を内部告発した同社の営業担当の男性社員に取材することができました。その話によると、パソコンに入力したカルテの情報には、血液凝固能、腎機能、肝機能といった検査データのほかに、降圧剤など他の種類の薬の使用状況や、その人が「がん」や「認知症」にかかっているとか、健康保険の負担率が1割か3割かといった内容まで含まれていたそうです。つまり、第三者に知られると困るような情報まで、製薬会社が勝手に入手していたというのです。

論文の著者である院長は脱字など2ヵ所を修正しただけ

 問題はそれにとどまりません。この調査結果は2本の論文にまとめられ、国内の医学誌に投稿されたのですが、それらの論文の作成まで同社が行っていた疑いも浮上しています。医学誌に投稿された論文の著者名は診療所の院長名になっていましたが、「医薬経済」RISFAX(2017年4月13日)の報道によると、論文の元原稿ファイルの「プロパティ」欄には、作成者として別の人の名前が表示されていました。

 私が取材した男性社員によれば、この名前は「バイエル薬品の元プロダクトマネージャー」とのことです。

「エクセルに入力したデータを本社に送ると、論文の元原稿ができあがって送られてきました。それを院長に見せたのですが、院長が行った修正は『てにをは』と『脱字』の指摘2ヵ所だけでした」(男性社員)

 この論文に掲載された調査結果のデータは、同社の新薬「イグザレルト」のパンフレットに円グラフなどを使って紹介され、同薬の医師向けプロモーションに活用されました。また、調査結果をもとに同社が発表用のスライド(パワーポイント)を作成し、それを使って院長が医師向けの講演も行っていたそうです。

1/4ページ

最終更新:4/26(水) 14:03
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。