ここから本文です

誰でも簡単に高品質なVFXを。創立者に聞くVideo Copilotの信念

4/26(水) 13:33配信

CGWORLD.jp

Optical FlaresやElement 3Dなど、After Effects上でVFXを手軽に安価につくることができるプラグインを数多く提供するVideo Copilot。2年ぶりに開催された同社のライブイベント「VIDEO COPILOT LIVE! 2016」のために来日した創立者のアンドリュー・クレイマー氏に、Video Copilotの設立から将来の展望まで話を聞いた。

※本記事は 2016年11月上旬に実施された取材内容に基づきます。

<1>Video Copilotの活動と目指すところ

ーー今回、二度目の来日になりますが、日本のVFXアーティストの印象はいかがでしょうか?

Video Copilot創立者/アンドリュー・クレイマー氏(以下、クレイマー):日本のアーティストは、非常に細かい部分にまでこだわりを持っていると感じました。ある日本のスタジオを見学したときElement 3Dのファイルを見せてもらったのですが、ものすごく細かく設定がなされていて技術的にも素晴らしく、私自身もそこまでしないほどに使い込まれていて感動しました。また、今回の「VIDEO COPILOT LIVE! 2016」では、アーティスト同士の結びつきやコラボレーションなど、横の繋がりが求められていると強く感じました。なので私達も一緒に、ハングリーに勉強していきたいと考えています。

ーーVideo Copilotの紹介をお願いします。

クレイマー:Video Copilotが力を入れているのは、大手VFXスタジオであるILMがつくるようなオプティカルフレア(光学レンズの効果をシミュレートする特殊効果)など、大規模な映画制作で使われるようなパワフルな特殊効果やコンポジット機能を素早く使えるようにすることです。テレビ業界のように締め切りや品質に厳しい業界でも使ってもらえるよう、がんばっています。また、Video Copilotはトレーニングを行う会社でもあります。ビデオチュートリアルで映像の作成、モーションデザインの作成、VFXの作成方法などを順序だてて説明し、様々なテクニックがあることを伝えています。

クレイマー:また、Video Copilotでは常に革新的なツールを開発したいと考えています。処理を少しでも速くすることを目標にしつつ、仕上がりが難しく見えるショットでも順を追ってつくっていけば高品質な映像ができるツールを開発し、みなさんに届けたい。それが会社の目的です。親しみをもってもらえるエキサイティングなツールで、楽しんで制作してもらえれば良いですね。

ーーVideo Copilotのツールを活用した作品や、クレイマー氏が関わった作品を紹介してください。

クレイマー:最近では3つの映画、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)、『クローバーフィールド』(2008)に参加しました。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と『スター・トレック イントゥ・ダークネス』ではElement 3Dを利用してホログラムやタイトルシーンをつくりました。Element 3DはCINEMA 4Dのファイルを取り込んで素早く扱うことができ、トライ&エラーで細かな調整ができるので助けられましたね。

クレイマー:『クローバーフィールド』では、もっていた映像のストックを使い、死にかけた豚のパーティクル演出などにOptical Flaresを使って効果を加えました。

ーーどうしてVideo Copilotを創立したのですか? 必要に迫られたからでしょうか

クレイマー:それは面白い質問ですね! 一番の理由としては、自分が映像制作をはじめたときに、映像素材を購入するのにとてもお金がかかったことです。高品質な映像素材は、1クリップが500ドル(約5万円)もするのです。とても高価で当時18歳の少年だった自分には手を出すことができませんでした。そこで、映像をつくりたいときに素材が100個入っている映像集を100ドル(約1万円)で提供すれば喜ばれるのではないかと考え、始めたのがVideo Copilotです。また「どうやったらそんな映像がつくれるの?」と尋ねられることも多かったので、Web上にチュートリアルをアップし解説することを始めました。すると、多くの人がとても喜んでくれたんです。さらにプラグインを開発し、まるで3DCGソフトでつくったような高品質なVFXをAfter Effects上で手軽につくれるようにしました。一番最初に開発したプラグインはコマ落ちやフラッシュなどの効果を加えられるTwitchです。その後、弟が会社に参加して少しずつチュートリアルやプラグインを増やしていきました。創立当初はDVDを焼いたり、送付用の宛名を書いたり、カスタマーサポートも全部自分ひとりでやっていたんですよ!

1/4ページ

最終更新:4/26(水) 13:33
CGWORLD.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CGWORLD

株式会社ボーンデジタル

vol.230
9月8日発売

1,512円(税込)

CG・映像クリエイター総合誌
特集1 劇場アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』
特集2 ワンランク上のキャラクターリギング