ここから本文です

あの映画の曲をオーケストラで楽しむ!~ミューザ川崎「オーケストラで楽しむ映画音楽8」

4/26(水) 13:51配信

ロケーションジャパン

2017年4月8日(土)、8回目となる音楽イベント「オーケストラで楽しむ映画音楽8」が神奈川県川崎市の「ミューザ川崎シンフォニーホール」で行われた。

「ミューザ」とは「MUSIC」と「ZA(座)」から作られた造語であり、「音楽」と「人が集まる場所=座」が組み合わさることで、川崎の新しい情報発信の場となるよう、願いが込められている。当施設は地上27階の超高層オフィス棟と約2,000席を有する巨大コンサートホールのコラボレーションを機軸に都市展開をしている施設であり、音楽ホールを訪れる人々、ショッピングやグルメを楽しむ人々など多くの人々が訪れている。

中でもシンフォニーホールは多彩な音楽イベントの展開で人気を博していたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により休館となり、2013年4月に多くの人々の願いによりリニューアルオープンを果たした。

ミューザ川崎シンフォニーホールで催されるイベントの中でも人気が高いのが、今回開催された「オーケストラで楽しむ映画音楽」。

指揮はミューザ川崎シンフォニーホール・チーフアドバイザーの秋山和慶さん、そして演奏は東京交響楽団。東京交響楽団は1964年設立の老舗交響楽団。元は東宝が設立したこともあり、映画『ゴジラ』シリーズなど東宝映画の演奏を数多く手掛けてきた楽団が演奏する映画音楽となれば、映画ファンならずとも注目するもの。

今回で8回目となるこちらのイベントだが、回を重ねるごとに反響を呼び、チケットは毎回のようにソールドアウトとなる人気ぶり。川崎市はもちろん、神奈川県内や都内からもファンが訪れている。川崎市が掲げる「音楽のまち・かわさき」、そして「映像のまち・かわさき」の取り組みをけん引するイベントのひとつだ。

当日演奏する演目は来場者アンケートをもとに選定された。
今回は、『シェルブールの雨傘』『禁じられた遊び』『第三の男』『ゴッドファーザー』や、『奥さまは魔女』『刑事コロンボ』といった往年のドラマ、ミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストーリー』、などお馴染みの楽曲たちがラインナップ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)