ここから本文です

自律走行する配達ロボットは、サンフランシスコの歩道を走り抜けられるか

4/26(水) 12:30配信

WIRED.jp

サンフランシスコで自律走行型ロボットによる食事配達プロジェクトが進行している。ロボットの名前は「Marble」。人でごった返すサンフランシスコの街中をどうにかロボットは走り抜けていくが、実現まではまだまだ乗り越えるべき障壁が多そうだ。

人でごった返す街中をどうにかロボットは走り抜けていく:動画

これはもっともサンフランシスコらしいシーンだ。ギターを持った男とキックスクーターに乗った男がミッション地区のバス停に立っている。その隣では釣竿を売る露天商が店を広げている。彼らの後ろでは、白くて動く食器洗浄機のような半自動のデリヴァリーロボットが戸惑っていて、人ごみに突入しもう少しで犬を轢きそうになっている。

「Marble」は自律走行車のようなものだ。ただし、それが走るのは歩道である。人々をレストランのような場所に移動させるのではなく、Marbleはレストランから人々に食事を届ける。もしあなたがサンフランシスコのミッション地区やポトレロヒル地区に住んでいて、Yelp Eat24でデリヴァリーの注文をしたら、あなたの家までMarbleに食事をデリヴァリーさせるか尋ねられるかもしれない。もちろん答えは「イエス」だ。Marbleには結局食べものが詰まっているのだから。

混沌としたミッション地区を通り抜けられる?

Marbleはあなたのようには世界を見ていない。このロボットはレーザーレーダー(LiDAR)とカメラを使って周囲の状況を細かく把握している。ロボットは詳細な情報を必要としているのだ。ミッション地区では大道芸人やヒップスターが歩き回り、屋台ではベーコン巻きホットドッグを売っている。もしMarbleが、この最高に騒々しいエリアを無事通り抜けられたら、世界中どこでも自由に移動できるだろう。

この混沌とした環境をロボットは無事にくぐり抜けていたが、われわれが見たデモンストレーションでは、人間が随時リモートコントロールで手助けしていた。Marbleの製作者は、それが普通だと主張する。ロボットはまだひとりで街のなかを自由に移動できないのだ。自律走行車が車道を走るのは、AIにとって予想のつかないことがたくさん起きる歩道を通り抜けることより、ずっと簡単だとわかった。

車道は規則正しく構成されている。車線があり、サインがあり、信号がある。歩道は、特にサンフランシスコでは、極めてカオスな空間だ。店からどんどん人が出てくるし、Marbleがこの次に起きることを予想しやすくする交通信号もない。Marbleはまだ半自動でなければいけないのだ。

1/2ページ

最終更新:4/26(水) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。