ここから本文です

「電気自動車が発すべき音」をデザイナーたちが考えてみた

4/26(水) 17:50配信

WIRED.jp

あまりにも静かすぎる電気自動車は、歩行者にとってかえって危険な場合がある。このため自動車メーカーはいま、電気自動車にどんな音を出させるべきかを考えている。そこでデザインスタジオのUstwoが提案したのは、未来の路上で鳴っているかもしれないいくつかのサウンドだ。

「電気自動車が発すべき音」をデザイナーたちが考えてみた

自動車のエンジン音はあまりにも当たり前の存在になっており、もはや誰も気にとめないだろう。それでは遠くない将来、電気自動車であふれかえった都市ではどんな音がしているだろうか? 道路は静かだろう。あまりにも静か過ぎる。それが問題だ。

「音があるからこそ、人々は自動車の存在に気づきます」とUstwoのデザイナー、小林耕太は言う。「音には安全性という要素があるのです」

電気自動車は、かすかな音しか発しない。小林と彼の同僚たちは、この問題について2カ月間じっくりと考えた。小林らは音のブランドエージェンシーであるMan Made Musicと協力して、電気自動車が歩行者に警告するために発するさまざまな音の開発に取り組んだ。技術の実用化というよりはむしろ実験と呼ぶべきこのプロジェクトは、自動車メーカーがドライヴァーと歩行者の双方にとって安全で静かなクルマをつくるための土台を提供することになる。

電気自動車はどんな音を出すべきか?

自動車メーカーは、この問題についてすでに検討を続けている。米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2016年秋、連邦安全基準を発表し、新たに製造される電気自動車が時速19マイル(約30km)未満で走行するときに、人が聞き取れる音を発するように義務づけた[編註:日本でも2018年3月以降の新型車に義務づけられることが国土交通省から2016年10月に発表された]。規制当局によると、時速19マイル以上の速度になると自動車は十分なタイヤ音と風切り音を発するので、人々にクルマの接近を知らせることができるという。

この規制は、音を出さないことが危険であると暗に示している。NHTSAのある研究によると、歩行者が事故に遭う確率は、従来のクルマより電気自動車の方が37パーセントも高いという。とはいえこの法律では、電気自動車がどんな種類の音を発するべきかについては具体的な指針はほとんど示されていない。

ほとんどのハイブリッドカーと電気自動車は、道路を滑らかに移動する時に低い「シュー」という音を出す。一部の車種では、歩行者にクルマの存在を知らせるために警告音を発する。たとえば「シボレー・ボルト」は人や物に近づき過ぎたときに、さび付いたドアのようにギシギシいう警告音を出す。トヨタの「RAV4」はビーというデジタル音を絶え間なく出す。「プリウス」は低い音を出し、歩行者に近づくにつれて音量を増す。

これらの警告音についてはさまざまな反応がある。カリフォルニア大学サンディエゴ校デザインラボの所長で、『誰のためのデザイン?──認知科学者のデザイン原論』の著者であるドナルド・ノーマンによると、電気自動車の音はブレーキランプやウィンカーと同じように、問題が起こる前にクルマの意図をうまく伝えられるように機能すべきだという。

「緊急事態が起きた状況に合わせてシグナルをつくろうとしてはいけません。それでは、クルマと人が1対1の状況でしかうまく機能しないからです」とノーマンは言う。「状況が複雑な場合にクルマが出せる最高の合図は、自分がここにいること、そして何をしようとしているのかを伝えることなのです」

1/2ページ

最終更新:4/26(水) 17:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。