ここから本文です

百貨店が本腰を入れて、 私たちの服に取り組みはじめた!

4/26(水) 19:00配信

集英社ハピプラニュース

新しいコンセプトでのブランドづくりや、バイイングに注目が集まる百貨店。なかでもアラウンド50向けの新ラインを打ち出した「高島屋」緊急取材。“あったらいいな!”を形にした新作を一挙公開します。

記事の続きをもっとチェックする

■今の自分に似合い、気持ちを 上げてくれるリアルクローズ
ディレクターにスタイリストの大草直子さんを迎え、仕事、子育て、そして女性としての自分にもポジティブに向き合う大人に向けた自主編集ショップの「SEASON STYLE LAB(シーズンスタイルラボ)」。日本橋店、新宿店、玉川店、横浜店、柏店、大阪店、京都店にて展開し、スタイリストの大草さんを囲んで生地見本を前にしておこなわれる打ち合わせは、いつも女子会のように笑いが絶えない。気軽に手にとってほしいと、価格もやや低めに設定。そしてなにより着ることで気持ちが上がる服は、大人の女性になくてはならない!と実感させられる。

バルーンスリーブブラウスとワイドパンツは、気持ちが上がる構築的なブラウスもセットアップで着ることで、仕事に必要なきちんと感が手に入る。サンダルとバッグで抜け感をプラスして。

リボンベルトつきブラウス¥20,000・ワイドパンツ¥23,000(ともにシーズンスタイルラボ)・かごバッグ(4月下旬発売予定)¥16,500(M2)・靴¥19,000(マウロ・デ・バーリ)/以上玉川高島屋 シーズンスタイルラボ

eclat5月号掲載 撮影/草間大輔(impress+/物) 中澤真央(ポートレート) スタイリスト/日置 彩 取材・文/向井真樹