ここから本文です

低迷のアウクスブルク、戦犯の一人は宇佐美 独紙「ほとんど完全に消えている」と酷評

4/26(水) 10:58配信

Football ZONE web

2部降格圏一歩手前の16位と低迷 宇佐美は今季11試合出場でいまだゴールなし

 アウクスブルクは2部降格圏一歩手前の16位に低迷し、今季途中に就任したマヌエル・バウム新監督に批判が集まっている。だが、地元紙では監督の手腕以外に、選手のパフォーマンスにも問題ありと指摘。今季リーグ戦11試合出場でノーゴールの日本代表FW宇佐美貴史も「ほとんど完全に消えている」と酷評されている。

「FCアウクスブルクの危機的状況の理由。多くの人間はマヌエル・バウム監督を苦境の主犯とみなしているが、チームの弱々しいパフォーマンスにはいくつかの理由が存在する」

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 厳しいテーマで特集を組んだのは地元紙「アウクスブルガー・アルゲマイネ」。今季就任したディルク・シュスター前監督は新たに補強した宇佐美を重用しないなど強化部との方針の違いから昨年12月に解雇され、ユースチームの監督だったバウム氏が昇格した。

 序盤リーグ戦10試合連続出番なしだった宇佐美は徐々に出場時間を増やしているが、今季はいまだゼロゴール。攻撃面で違いを見せるべきアタッカーら新戦力に厳しい視線が向けられている。

「今シーズンは最初に数多くの失敗を犯してしまった。DFのマルティン・ヒンターエッガーを除いて、誰も確信を持てない」

出来は最低と断罪「日本人の宇佐美は…」

 ヒンターエッガー以外の補強は失敗だったと断罪されている。そして、新補強選手で宇佐美の出来は最低だという。「ゲオルグ・タイグル、ゴイコ・カチャルは良い試合を見せたこともあった。しかし、日本人の宇佐美貴史、元ホッフェンハイムのジョナタン・シュミット、モリッツ・ライトナーは、ほとんど完全に消えている」

 セレッソ大阪でプレー経験を持つDFカチャルは評価に値する試合もあったが、宇佐美はフランス人MFシュミット、MFライトナーとともにほぼ戦力になっていないと断罪されている。

 チーム低迷の戦犯の一人にカウントされている宇佐美は、終盤戦に名誉挽回の活躍を見せることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/26(水) 10:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新