ここから本文です

フランクフルト、PK戦制し独杯決勝に進出! 負傷欠場の長谷部はスタンドで観戦

4/26(水) 8:30配信

フットボールチャンネル

 現地時間25日にドイツ杯(DFBポカール)準決勝が行われ、フランクフルトはボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)と対戦。PK戦の末にフランクフルトが決勝進出を決めている。

 負傷離脱しているフランクフルトの長谷部誠はスタンドで観戦。試合開始して15分、右サイドからのクロスをタレブ・タワサが合わせ、強烈なシュートをゴールに突き刺してフランクフルトが先制。

 しかし前半アディショナルタイム、イブラヒマ・トラオレからのクロスボールをアンドレ・ハーンが頭でそらし、ゴール前に詰めていたヨナス・ホフマンが押し込んでボルシアMGが同点に追いつく。その後、1-1のまま延長戦にまでもつれ込み、そこでも決着が決まらなかったためPK戦へ。6人目まで共にPKを成功させたが、7人目で両者外し、8人目でボルシアMGの選手だけが外したため、PK戦7-6でフランクフルトが勝利をおさめている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)