ここから本文です

ジダン監督が“手のひら返し”のバッシングに嘆き節 クラシコは「負けない方がいい試合だったが…」

4/26(水) 15:20配信

Football ZONE web

バルサに2-3と敗戦後、地元メディアがレアル批判を展開

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、23日のバルセロナとのエル・クラシコに2-3と敗れて以降、突如レアルバッシングを展開するスペインメディアに嘆き節を展開している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 本拠地サンチャゴ・ベルナベウで、レアルは宿敵バルサに痛すぎる1敗を喫した。2-2で迎えた後半アディショナルタイムに相手の鮮やかなカウンターから、最後はバルサのエースFWリオネル・メッシに決勝弾を決められた。勝ち点で並ばれ、得失点差で上回るバルサに暫定首位の座を奪われた。だがレアルは消化試合数が1試合少なく、いまだ優位性を保っているはずだが、レアルサポーターとメディアは宿敵に敗れた怒りと悲しみからバッシングを展開している。

 25日に記者会見に出席したジダン監督は嘆き節だった。

「誰もが自分の考えを持つ権利を持っている。今はバルセロナがリーガを優勝するだろう、レアル・マドリードには価値がない、という風にだ。我々の目指すものは変わっていない」

 負けられない試合に負けた後のメディアとサポーターの論調について、指揮官はこう嘆いている。

「自分のすべきことに集中している」

「(クラシコは)負けない方がいい試合だった。しかし、勝ち点3を失った。だが、明日勝ち点3をつかむチャンスがある。明日の試合のことしか考えていない。我々は大丈夫だ。自分のすべきことに集中している」

 必死に前を向いた指揮官だが、26日のデポルティボ・ラ・コルーニャ戦ではキャプテンのDFセルヒオ・ラモスが、クラシコの退場処分により出場停止となる。フランス代表DFラファエル・ヴァランが故障から復帰する可能性があるが、試合当日の状況で起用を決めると明言している。

 2011-12シーズン以来のリーガ制覇とUEFAチャンピオンズリーグ2連覇に向けて視界良好だったはずの“白い巨人”は、クラシコの敗北により突如暗雲が漂ってきた。デポルティボ戦に快勝し、軌道修正することができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/26(水) 15:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新