ここから本文です

鹿島、相手のミス逃さず敵地で4発快勝。ACLグループ突破に王手

4/26(水) 21:19配信

フットボールチャンネル

【蔚山現代 0-4 鹿島アントラーズ ACL 第5節】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループEの第5節が26日に開催され、鹿島アントラーズはアウェイで韓国の蔚山現代と対戦した。

5位本田、4位原博実、1位は…日本代表歴代得点ランキングトップ5

 鹿島はここまで2勝2敗の勝ち点6でグループの2位。勝てばグループステージ突破に王手をかけることができるが、敗れるようなら蔚山に勝ち点でも抜かれて一気に苦境に追い込まれるという重要な一戦だった。

 前半を0-0で折り返した鹿島は、後半立ち上がりの52分に待望の先制ゴールを奪うことに成功する。相手のミスでボールを奪い、土居が放ったシュートは相手GKに阻まれたものの、ゴール前にこぼれたボールを金崎が押し込んでアウェイで先手を取った。

 さらにそのわずか2分後、元清水のイ・キジェのミスにより再び相手陣内で鹿島ボールに。ドリブルで持ち込んだペドロ・ジュニオールが自ら豪快なシュートを突き刺し、鹿島が連続ゴールで2点のリードを奪う。

 67分にはまたしても相手のミスを逃さない。蔚山の元韓国代表GKキム・ヨンデがバックパスの処理を誤り、詰めていた金崎がボールを奪うと、そのまま自身2点目のゴールを蹴り込みスコアを3-0とした。

 終了間際にもレオ・シルバが4点目を加え、アウェイで快勝を収めた鹿島は決勝トーナメント進出へ大きく前進。同グループのもう1試合の結果次第で、今節にも突破が決まる可能性もある。

【得点者】
52分 0-1 金崎夢生(鹿島)
54分 0-2 ペドロ・ジュニオール(鹿島)
67分 0-3 金崎夢生(鹿島)
90分 0-4 レオ・シルバ(鹿島)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)