ここから本文です

浦和の得点力が爆発! 日本勢“一番乗り“でACL決勝トーナメントへ

4/26(水) 21:22配信

フットボールチャンネル

【浦和レッズ 6-1 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ ACL 第5節】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループFの第5節が26日に開催され、浦和レッズはホームでオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦した。

5位本田、4位原博実、1位は…日本代表歴代得点ランキングトップ5

 前節までに勝ち点9を獲得し、あと1ポイントで決勝トーナメント進出を決められる浦和は、序盤から積極的に攻勢に立つ。前半14分には柏木からのパスを受けた武藤が左サイドに抜け出し、マイナスのクロスを受けた関根が先制のゴールを蹴り込んだ。

 さらにそのわずか4分後には追加点。駒井からのスルーパスをゴール前で受けたズラタンが冷静なシュートでGKを抜いてリードを2点に広げる。

 自らのシュートでもポストを叩くなど右サイドで躍動していた駒井は、前半終了間際にも浦和にゴールをもたらす。ズラタンのパスを受けて抜け出すと、中央でフリーになっていた李にグラウンダーのクロス。これを李が決めて前半で3-0と大きなリードを奪った。

 66分にはウェスタン・シドニーでプレーする日本人選手、楠神がエリア内に抜け出してのループシュートで1点を返す。だがその5分後、交代出場のラファエル・シルバが李との連携でゴール前に抜けてシュートを突き刺し、浦和はすぐに3点のリードを取り返した。

 さらに80分、ラファエル・シルバが大会の得点ランク首位に並ぶ5点目を決めて突き放す。後半アディショナルタイムには興梠も6点目を加え、6-1の大勝を飾った浦和が日本勢で最初に決勝トーナメント進出を決めた。

【得点者】
14分 1-0 関根貴大(浦和)
18分 2-0 ズラタン(浦和)
43分 3-0 李忠成(浦和)
66分 3-1 楠神順平(ウェスタン・シドニー)
71分 4-1 ラファエル・シルバ(浦和)
80分 5-1 ラファエル・シルバ(浦和)
94分 6-1 興梠慎三(浦和)

【了】

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)