ここから本文です

「セレナNISMO」が登場する日も近い!? 日産がニスモ仕様の事業を強化。販売台数の拡大を狙う

4/26(水) 8:03配信

clicccar

2017年4月25日、日産自動車から高性能スポーツブランドに位置づけられる「NISMOロードカー」の事業を拡大するという発表がありました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

ニスモ仕様は、2013年に高性能スポーツのサブ・ブランドとして、「NISMO」ブランドの日産商品ラインアップへの適用が開始されています。



ニスモ仕様の拡充は、メルセデス・ベンツやBMW、アウディ、ボルボなどのインポーターのスポーツバージョンを含め、トヨタの「G’s」などの拡充から見ても分かるように、日産(ニスモ)ブランド力のさらなる強化、営業利益率拡大などの面からも欠かせない戦略といえるでしょう。

さらに、戦略の基盤となる「NISMOロードカー」の車種ラインアップ拡充を支えるべく、「NISMOロードカー」の企画・開発にかかわる機能を日産グループの特装車両を手掛ける株式会社オーテックジャパン(以下、オーテックジャパン)内に設立したと発表されています。



日本では、2013年1月の「ジュークNISMO」以来、ニスモ仕様は着実に支持を集めていて、現在は「NISSAN GT-R」、「フェアレディZ」、「ジューク」、「ノート」、「マーチ」の5車種、グローバルでは「セントラ」、「パトロール」を加えた7車種を展開。



今後、日産では「NISMOロードカー」をさらに幅広く、各市場のコアとなる新たなセグメントにもバリエーションを広げていくとしています。

「NISMO」ブランドの投入市場も、従来から設定されている日本、北米、欧州、中近東以外にも拡大させてグローバルに展開。各地域における販売車種ラインアップも拡充します。これにより、年間販売台数を現在の1万5千台から将来的に大幅に拡大させる予定としています。



また、今回新たに設立された「ニスモ・カーズ事業部」には、日産、オーテックジャパン、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル、そのほかの日産グループの人材を結集した組織であり、従来以上に魅力的な商品をスピーディに開発することを目指すと表明しています。

同事業部にはマーケティング機能も備えられていて、日産はもちろん、ニスモとも連携。日産の販売店やショールームにおける「NISMOロードカー」への接触機会の拡大や、購入後のユーザーにさらに愛車を楽しんでもらう体験機会についてもグローバルに拡大するとのこと。

トヨタは「G’s」シリーズをミニバンにも設定(最初からミニバンのヴォクシー/ノア)し、よりハードな「GRMN」に加えて、ヴィッツ、アクアでは「TGR」のコンセプトモデルを東京オートサロンで披露しています。ニスモ仕様もより幅広い車種に展開されるだけでなく、ピリ辛から超辛口まで多様なシリーズが用意されるか注目です。



(文/塚田勝弘 写真/小林和久、日産自動車)

最終更新:4/26(水) 8:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)