ここから本文です

62才・山辺節子容疑者 なぜ、欲望が旺盛になるのか

4/27(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 被害者は男性ばかり50人超。被害総額は7億円にものぼるといわれている──。4月19日、熊本県警は、山辺節子容疑者(62才)を出資法違反で送検した。

 色白ぽっちゃりフェイスに、肩を大胆に露出したファッション、お気に入りは花柄ワンピや真っ白なカットソー。“熊本の聖子ちゃん”とも呼ばれていた彼女は、自称38才。その集めた大金は、タイ在住の男性(31才)に貢いでいたことも明らかになっている。

 まるで一昔前のパトロンおじさんのようなふるまいをしていた山辺容疑者だが、彼女だけではない。2月には、大阪の『みるく保育園』の副園長だった尾形久美子被告(58才)が、元夫で園長の岡田忠彦被告とともに、補助金をだまし取ったとして詐欺の容疑で逮捕された。尾形被告は韓国人ホストに大ハマりで、一晩で50万円以上散財していたなどといわれている。

 60才前後になって性欲が衰えないように見える彼女たち。これは一体どういうことなのだろうか。犯罪心理や心の病の構造を分析する精神科医の片田珠美さんと、動物行動学研究家の竹内久美子さんが分析する。

片田:いずれの女性にも、おじさんが若い女の子に入れ揚げるケースと共通する部分があって、それは若い子に愛されることで、まだ自分は終わっていないのだと再確認したいということ。相手が若ければ若いほど、自分の価値は高まります。これはいわば、喪失感の裏返しです。

 個人差はありますが、男性は特に50代以降になると性的能力が衰えていきます。女性の場合も、50才前後で閉経を迎え、女でなくなるという現実を突きつけられるわけです。そういった時に若い異性と交わると、自分にはまだ性的能力があるんだということを再確認できるんです。

 若い頃、いい思いをいっぱいしてきて、それを失いたくない人も、まったく逆に、そういう恋愛経験が少なかったからこそ、「このまま終わるのは嫌。最後に…」と焦る人も、両方いると思います。

1/2ページ