ここから本文です

飲みたい街ランキング TOP3揺るがず

4/27(木) 11:59配信

オーヴォ

 会社帰り?女子会?デート? 飲みに行く場所に迷ったら、リクルートライフスタイル(東京)が発表した「飲みたい街ランキング2017」をのぞいてみよう。関東では銀座、関西では梅田が圧倒的な人気で、どちらも過去調査から3連覇だ。

 関東・関西の20~50代の男女4,146人の回答結果。関東で王者に輝き続ける銀座は、近くの京橋の再開発が進み、人の流れが活発になっていることもあり、その先の東京駅周辺も12位から8位に上昇。2位の新宿、3位の恵比寿も昨年の順位をキープし、TOP3は不動の人気だ。

 昨年、4位にランクインした「住みたい街」No.1の吉祥寺は、今年は9位へランクダウン。代わりに、お隣の荻窪・西荻窪エリアが急上昇している。また、赤羽や北千住、大森・蒲田など、昭和の雰囲気を感じる、個人経営の店が多いエリアの人気が高まっている。

 関西では、有数の歓楽街の根強い支持が表れ、交通の便がよく大型の商業施設が集まる梅田は、2位に2倍以上の差を付けて首位。三宮、難波と続くTOP3は、こちらも不動の人気だ。一方で、「神戸・ハーバーランド」や河原町、祇園など、おしゃれな街並みが特徴的で、多くの飲食店がそろう街も支持されているという。

最終更新:4/27(木) 11:59
オーヴォ