ここから本文です

錦織一清「『ラ・ラ・ランド』みたい」と猛アピール! 演出作「23階の笑い」がスピード再演

4/27(木) 20:52配信

エンタメOVO

 舞台「23階の笑い」公開ゲネプロ&囲み取材が27日に東京都内で行われ、演出の錦織一清、キャストのふぉ~ゆ~(福田悠太、越岡裕貴、辰巳雄大、松崎祐介)、 シソンヌ(長谷川忍、じろう)、立花瑠菜、入山法子、なだぎ武が登場した。

 本作は、アメリカを代表する喜劇作家の帝王“ニール・サイモン”の自伝的作品。1953年、ニューヨークのとあるビルの23階の部屋を舞台に、ある問題を抱えた人気コメディアンと若きコント作家たちとのドタバタ劇をコミカルに描く。

 昨年12月の初演から、あまりの人気ぶりに異例のスピードで再演が実現。松崎は「また錦織さんとこの作品に携われることをうれしく思います」と感激しきり。錦織は「こんなに早く再演をやらせてもらえることは普通はないから、僕の中では追加公演みたいな感じ」と胸中を明かすと、「忘れていないうちに新しいアイデアを取り入れられたので、すごく良かったです」と安堵の表情。さらに、「再演のたびにどんどん良い舞台になっていくと思うので、年末あたりにまたやりたいね」と色気を見せた。

 そんな中、見どころを尋ねられた錦織が「ダンスシーンがリニューアルして、『ラ・ラ・ランド』みたいになっています」と米アカデミー賞を席巻した大ヒット作に寄せてアピールすると、辰巳も「『ラ・ラ・ランド』をやっています!」と宣言して会場を沸かせた。そして、「演劇のテーマパーク。誰が見に来ても何かにはまると思うので、ぜひ見に来てほしいです」と呼び掛けた。

 舞台は4月27日~5月7日まで銀座・博品館劇場、5月9日~11日まで名古屋、5月13・14日は福岡、5月17日~19日まで大阪で上演。

最終更新:4/27(木) 20:52
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!