ここから本文です

韓国大統領選 真偽不明の誹謗中傷飛び交うネガキャン開始

NEWS ポストセブン 4/27(木) 16:00配信

 韓国大統領選は4月17日の公式選挙運動開始直後から、事実上の一騎打ちとなっている。「共に民主党」の文在寅氏(64)と「国民の党」の安哲秀氏(55)が火花を散らしているのだ。

 韓国大統領選の名物は、激しいネガティブキャンペーンだ。在韓ジャーナリストの藤原修平氏がいう。

「今回の大統領選でも真偽不明の誹謗中傷が飛び交っています。安哲秀が暴力団員と一緒に写ったとされる写真までネットに出回っている」

 産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏は、「これからの選挙戦でどんな不測の事態が起きるかは韓国のことだけに予想がつきませんが、やはり致命的なダメージになり得るのは、家族絡みの醜聞でしょう」と指摘する。家族を重視する儒教国家ならではの一幕だろう。

 すでに話題にのぼっている案件でいえば、安氏夫人の裏口就職疑惑だ。夫人がソウル大医学部専任教授に採用された際に提出した書類に記された日付が、募集開始が公表されるより前のものだったために、「事前にコネによる採用が決まっていたのではないか」(在韓ジャーナリスト)とみられているのだ。

 文氏についても「盧武鉉大統領の秘書室長時代に息子が政府機関(韓国雇用情報院)に就職しているが、派手なピアスをつけた履歴書の写真が出回っていたり、採用過程の不正が取り沙汰されるなど、コネ疑惑がある」(同前)という問題がくすぶっている。

 前大統領である朴槿恵氏の醜聞でも、親友・崔順実氏の娘の梨花女子大への不正入学疑惑の発覚が、追及の火の手を広げた。

「経済停滞が続く韓国は、コネによる不当な優遇に過敏に反応する」(同前)だけに、どちらの候補の“爆弾”が先に破裂するか、投票日までの戦いが見ものだ。

※週刊ポスト2017年5月5・12日号

最終更新:4/27(木) 16:00

NEWS ポストセブン